榧本龍錦龍吟詠会:吟友に囲まれ10周年祝う

0

榧本流米国錦龍吟詠会の創立10周年記念祝賀吟詠大会に集まった会員と来賓

榧本流米国錦龍吟詠会の創立10周年記念祝賀吟詠大会に集まった会員と来賓


創立10周年を迎え、祝賀吟詠大会を前にあいさつに立つ榧本流米国錦龍吟詠会の後藤穣叡会長

創立10周年を迎え、祝賀吟詠大会を前にあいさつに立つ榧本流米国錦龍吟詠会の後藤穣叡会長


 榧本流米国錦龍吟詠会(後藤穣叡会長)は20日、創立10周年を記念した祝賀吟詠大会を西羅府仏教会の社交ホールで催した。会場には、来賓として国総会、尚道会、国風会、錦声会、国誠会、西羅府近郊詩吟同好会などの吟友も多数参加し、同会の節目を盛大に祝した。

 あいさつに立った後藤会長は、「南加詩吟連盟の皆さんに力強く見守られ、この日を迎えることができたことをありがたく思う。植野総観をはじめ、幹部、会員ともに一層精進したい」と感謝。詩吟を始め今年で55年を迎えたことに触れ、「今後も皆さんとともに吟道に励み、日本文化を学んでいきたい」と意欲を述べた。
 国風会顧問の豊田国鋒師、国誠会総師範の大東国岬師をはじめ、南加詩吟連盟の西川国順会長がそれぞれ祝辞を述べた。西川会長は、「宗家榧本先生の吟の心と、歴史と伝統を厳格に継承され、本日の大会の開催に至る歩みを築かれた会員の皆さまに、衷心より敬意を表します」と祝いの言葉を送り、40年ほど前に一度だけ会った宗家榧本氏との思い出話を振り返った。
 続いて会場では、昇格者の発表と証書授与が行われた。この日は、「雲」の称号に昇格した山田正雲さん、鹿股隆雲さん、また「岳」の称号に昇格した中西昌岳さん、さらに夫婦で師範代に昇格した道上昌龍さん、坦龍さんが紹介され、植野宗龍総観から証書が授与された。最後に、今年入会した新入会員も紹介され、温かい拍手が送られた。
 森川洸龍師の先導で錦龍吟詠会会誌を斉唱後、吟詠第1部の錦龍会吟詠会会員吟詠が行われた。休憩を挟み、第2部の来賓吟詠、第3部の錦龍吟詠会指導者吟詠と、一人ひとりが登壇して日ごろの練習の成果を披露した。
 吟詠大会を無事に終えた後藤会長は、「詩吟を続けてきてよかった。先代の宗家先生が生み出した吟風、表現、言葉遣いなどが今になって身に沁みる。先生の教えをさらに研究できることが、同会のこれからの楽しみ」といい、さらに昨年連盟に加盟したことを受け、「吟道に入っていれば習う吟も皆同じ。皆で一緒にやることで、互いに切磋琢磨し、支え合い、いい刺激になる」として、これからも流派を超えた交流を続けたいと意欲を述べた。
 同会は観水流米国錦友吟詩会から分離し2004年、初代宗家榧本錦龍師の勝子夫人を名誉会長に迎え創立。現在は、植野宗龍師を総観に、秦湧叡顧問、後藤穣叡会長のもと、西羅府、小東京、サンファナンドバレー、オレンジコースト、オレンジ、サンディエゴの6支部、会員約35人。昨年、南加詩吟連盟に加盟した。
【中村良子、写真も】

昇格者と各支部の師範。前列左端が総観の植野宗龍師

昇格者と各支部の師範。前列左端が総観の植野宗龍師

Share.

Leave A Reply