はしか感染:加州で74人に

0

 オレンジ郡アナハイムにあるディズニーランドを訪れた客や従業員の間ではしかの感染が広がる中、加州で新たに6人の感染が確認された。米疾病対策センター(CDC)によると、27日までに感染者数は加州で74人、全体で88人に達したことが明らかになった。

 カリフォルニア州公衆衛生局の前日までの報告によると、カリフォルニア州での感染者数は68人だった。しかしここでまた新たに感染者数が増え、加州では74人、隣国メキシコほか、他州ではアリゾナ州、ユタ州、ワシントン州、コロラド州、オレゴン州、ネブラスカ州で計14人の感染が確認された。
 感染者の多くが昨年12月15日から20日までの間にディズニーランド、または隣接する「カリフォルニア・アドベンチャー」を訪れており、その間に感染したとみられている。
 感染者のうち4人が1歳未満の幼児で、11人が1歳から4歳までの子どもだった。感染者の多くが予防接種を受けていなかったという。

Share.

Leave A Reply