佐藤琢磨、仕上がり順調:新エアロでマシン進化

0

トヨタ・グランプリ

2年ぶりの優勝を目指す佐藤琢磨

2年ぶりの優勝を目指す佐藤琢磨

 インディカー・シリーズの今季第3戦「トヨタ・グランプリ」(19日決勝、ロングビーチ)に参戦5年目の佐藤琢磨が出場し、同大会で初優勝した2年前の再現を狙う。今季からレギュレーションが大きく変更され、空力性能を格段に高めたエアロパッケージを装着したホンダのマシンと、自身の仕上がりはともに順調だといい、全力疾走のパフォーマンスを披露する。

 ホンダのエアロパッケージは、従来の形状とは大きく異なり、左右前後に配された大小のウイングが特徴。スタイリッシュなデザインは、一目でライバルのシボレーのそれと見分けがつく。
 新エアロの採用により、大幅に増した空力について佐藤は「洗練され、(タイヤの)グリップレベルは、昨年のものと比べ物にならないくらいに高くなった」と、マシンの進化を語る。速さを実感し「ブレーキングポイントを遅らせ、ブレーキングの時間も短くなったため、コーナリングスピードが上がった。アグレッシブに攻めることができ、エキサイティングなレースを見せることができる」と自信を示す。
 「大好きなコース」というロングビーチの公道コースについて「長い直線と、タイトなコーナー、路面は滑りやすくまた、平らでないため車体が跳ねる。とてもテクニカルでおもしろい」。ラップタイムは昨年比で「1秒以上早くなるのでは」と予想。レースの展開は、予選で上位につけることが重要だとし「粘り強く走って、優勝を目指したい」と意気込む。
 トヨタ・グランプリの詳細は、ウエブサイト―
 www.gplb.com
 【永田潤、写真も】

Share.

Leave A Reply