ミネラルウォーター回収:大腸菌汚染の可能性

0

 ミネラルウォーター製造会社「ナイアガラ(Niagara)」社が製造するペットボトル入りミネラルウォーターが大腸菌に汚染されている可能性があるとして、同社が扱う14ブランドの自主回収が行われている。

 自主回収を行っているのはペンシルベニア州の工場で、6月10日から18日までの期間に製造された商品。
 定期検査の結果、サンプルからE. coliと呼ばれる大腸菌が検出された。
同社からは「Acadia」「Acme」「Big Y」「Best Yet」「7-11」「Niagara」「Nature’s Place」「Pricerite」「Superchill」「Morning Fresh」「Shaws」「Shoprite」「Western Beef Blue」「Wegman’s」の計14のブランド名で販売されている。
 流通していたのはコネティカット、メーン、メリーランド、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、ニュージャージー、オハイオ、バーモント、バージニア、ノースカロライナ、ペンシルベニアの計11州。
 大腸菌は感染すると下痢や脱水症などを引き起こす。これまでのところ健康被害などは報告されていない。
 リコールに関するさらに詳しい情報は電話877・487・7873まで。

Share.

Leave A Reply