加州各地で山火事発生:サンバナディーノ 国立森林公園 消火費用320万ドル

0

 ロサンゼルスから東方およそ86マイルに位置するサンバナディーノ国立森林公園で発生した山火事で、22日までに火はおよそ27平方マイルを焼きつくした。依然火の手は収まらず、サンバナディーノ郡シェリフ局によるとこれまでに消火業務にかかった費用は約320万ドル。北カリフォルニア各地でも山火事は発生しており、水不足の加州で懸念が広がっている。

 同森林公園の山火事は17日に発生し、サンバナディーノ山脈の湖畔リゾート、ビッグベア南方で燃え広がっている。山火事の影響で、付近住民やキャンプ場利用者およそ400人が避難した。およそ1875人の消防隊員、消防車121台、ヘリコプター16機、エアータンカー5機が出動して消火活動を行っている。これまでのところ19%が鎮火。出火原因は分かっていない。
 一方、北加やセントラルコースト各地でも山火事が発生している。ネバダ州との州境、シエラネバダ山脈山中にあるタホ湖南方20マイルに位置する町マークリービルでも20日に山火事が発生し、これまでのところ10平方マイル近く火は燃え広がっている。
 消防士325人が消火活動にあたり、付近の住民は避難を余儀なくされている。
 サンルイスオビスポ郡の北東に位置する町サンタマルガリータでも20日に2・8平方マイルを焼く山火事が発生し、72世帯が避難した。サンタマルガリータ湖付近ではヘリコプターによる消火活動も行われ、これまでに50%が鎮火した。
 セントラルバレーに位置するマデラ郡では18日に1・4平方マイルを焼く山火事で家屋3棟が被害を受けた。これまでのところ75%が鎮火している。
 加州森林保護・消防局によると、加州の深刻な干ばつの影響で、草木は乾ききり、火の手は早いという。

Share.

Leave A Reply