田中農園とOCO:被災農家に7万ドル

0

中加の干ばつ農園に3万ドル支援も

広大な田中農園に設置されたテントを回る参加者

広大な田中農園に設置されたテントを回る参加者


コース途中には被災地の様子が分かる展示も設置された

コース途中には被災地の様子が分かる展示も設置された

 アーバインの田中農園とオレンジコースト・オプティミストクラブ(OCO)は20日、2011年に発生した東日本大震災でいまだ甚大な被害を受けている東北地方の農家を支援するチャリティーイベント「Walk the Farm」を催した。5年目を迎えた今年は、記録的な干ばつで多大な被害を受けているセントラル・カリフォルニアの農家も支援する。

 80度を超える夏日の中、今年は計2300人のウォーカー、54匹の犬がイベントに参加した他、ボランティア650人をはじめ、52の企業とコミュニティー団体が協力し、計10万ドルを集めた。集まった支援金のうち、東北3県(福島、宮城、岩手)に住む農家に7万ドルが、また、干ばつ被害を受けている中加の農家支援として、2世農家連盟(Nisei Farmers League)を通じ3万ドルがそれぞれ寄付される。
 田中農園のグレン・田中さんは、2011年の震災以来同イベントを毎年開催するなど被災した農家の人々の支援を続けている。田中さんは、「5年が経った今でも現状はまだ厳しい」といい、特に福島県の農家は原発事故による風評被害に苦しめられていると話した。一方、支援金により津波で失ったいちご農園を一から再建した農家もおり、確実に支援はつながっていると、参加者らの協力に感謝した。
 「Walk the Farm」は1・5マイルにおよぶ広大な農園内を散策しながら、地元農家などから寄付された新鮮な野菜やフルーツを試食できるもの。震災発生から今日まで の被災地の様子や支援金がどのように使われたのかなどが分かる展示も設置され、参加者らに現状を伝えた。
【中村良子、写真も】

会場ではエンターテインメントも催された

会場ではエンターテインメントも催された

Share.

Leave A Reply