第75回記念二世週祭が開幕:テーマは「ずっと楽しく」

0

ねぶた、5年ぶりに登場

お披露目された女王を目指す7人の候補者

お披露目された女王を目指す7人の候補者

 日系社会伝統の第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)の開幕式が19日、小東京の全米日系人博物館で開かれ、堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事、海部優子・JBA(南カリフォルニア日系企業協会)筆頭副会長ら来賓や各支援団体の代表など約200人が参列した。

 今年の二世週祭は「ずっと楽しく(Let the Good Times Roll)」をテーマに、今年もさまざまな展示、イベントが繰り広げられる。コロネーションボウル、グランドパレード、ベビーショー、街頭音頭、ギョーザ早食い競争など二世週祭主催のイベントに加え、同祭協賛の特別イベントとして松井誠ショーなど、盛りだくさんの内容となっている。

二世週祭の開幕を宣言するテリー・ハラ実行委員長

二世週祭の開幕を宣言するテリー・ハラ実行委員長

 さらに、二世週祭ですっかり定着した日本各所の祭りが紹介される。祭りの呼び物グランドパレード(8月16日午後5時半開始)には、5年ぶりに中型ねぶたが参加し、注目が集まる。ロサンゼルス七夕まつり(16、17日)は7回目を迎え、約200個の七夕飾りが展示される。また「東北六魂祭」と、「大田楽」が初参加する。東北六魂祭は、東日本大震災の鎮魂と被災地復興祈願のために日本で始まった。東北6県の伝統の祭りを一堂に集め、七夕まつり(ワークショップ)やアラタニ劇場(16日)で披露される。
 開幕式で、ハラ実行委員長があいさつに立ち、開会を宣言し、来賓のマイケル・アントノビッチ・ロサンゼルス郡参事、堀之内秀久総領事らが祝辞を贈った。
 ハラ委員長は、二世週祭について「1934年の開始以来、人々に小東京を紹介し、経済効果による町の活性化に寄与している」と役割を説明した。節目の75回目を「特別な年」とし「ファンタスティックなイベントが盛りだくさん」と、代表的なイベントを列挙しながら、今年のテーマに沿って「特別な瞬間を楽しく過ごしてほしい」と願った。「日系社会を挙げて行う、このすばらしいコミュニティーのイベントを、いつまでも継続させなければならない」と強調し、「みんなの支援なしでは、成功させることはできない」と、団結を呼びかけた。
 堀之内秀久総領事は、祭りの開催に祝意を込め「75回継続することは容易なことではない」と関係者の労をねぎらった。「二世ウィークは、夏祭りを行う喜び、コミュニティーの魂、日系人の豊かな文化というクオリティーを維持している」とたたえた。総領事館について「来月、開館100周年を迎える」とし、日米友好の発展に長年協力する日系諸団体に対し、謝意を表した。
「それが大事」の音頭を披露する坂東秀十美

「それが大事」の音頭を披露する坂東秀十美

 パレードの音頭は、坂東秀十美師が振り付けを担当。坂東師は元気が出る2曲「それが大事」と「よろこび音頭」を選んだ。開幕式では、秀十美社中が一般に初めて披露した。同社中は、グランドパレードと、最終日の街頭音頭で踊りの先陣を切り他の社中をリードする。
 グランドマーシャル、パレードマーシャルと、インスピレーション賞2人、地域表彰の8団体、パイオニア賞6人がそれぞれ紹介され、大きな拍手が送られた。各賞受賞者は、グランドパレードに参加した後、昼餐、晩餐の各会で表彰される。
 グランドマーシャルは米国とグアムに30店のレストランを経営するオーナー&シェフのロイ・ヤマグチさんが、パレードマーシャルには米太鼓界の巨匠ケニー・エンドウさんがそれぞれ選ばれた。
 今年新設されたインスピレーション賞には、二世週祭マスコットの「アキ・ザ・アキタ」をデザインしたグラッフィック・イラストレーターのディック・サカハラさんと、着物スタイリストの筋師美智恵さんが選ばれた。
 「フランセス・K・ハシモト地域団体表彰」は、ウエストロサンゼルス日系市民協会、ベニス日系コミュニティーセンター、パサデナ日本文化会館、ガーデナ・イブニング・オプティミストクラブ、サンファナンドバレー日系コミュニティーセンター、米国日系レストラン協会、オレンジ郡日系評議会、イースト・サンゲーブルバレー日系コミュニティーセンターが選ばれた。これらの団体はすべて、今年度の女王候補をスポンサーしている。
 パイオニア賞6人は、リチャード・ユタカ・フクハラさん、松前勝清さん、半田俊夫さん、ジョージ・ナガタさん、猪瀬加代子さん、デイビッド・ヤナイさんに決定した。
 日系諸団体から推薦を受けた今年度の女王候補者が、この日お披露目された。7人は、ミシェル・カオリ・ハナブサさん、ベロニカ・トヨミ・オオタさん、カムリン・ミチコ・リエ・スギタさん、ケルジー・ナカジ・クワンさん、カレン・ナナ・ミゾグチさん、サラ・クニコ・ハッターさん、タマラ・ミエコ・テラガワさん。各候補は自己紹介し任期中の抱負を述べ、温かい拍手を受けた。コロネーションボウル(15日午後7時、小東京のアラタニ劇場)で、新女王が決定する。
 二世週祭は各種祭りのほか、茶道や華道、書道、詩吟などさまざまな日本文化を紹介する実演や展示が催され、日本から落語(英語)が披露される。また、同祭の一環行事として日系最大のスポーツ大会「ニッケイ・ゲームズ」が各所で開かれる。8月23日の街頭音頭、閉会式で幕を閉じる。
 二世週祭の詳細は同実行委員会まで、電話213・687・7193。
 www.niseiweek.org/
【永田潤、写真も】
「よろこび音頭」の音頭を披露する坂東秀十美社中

「よろこび音頭」の音頭を披露する坂東秀十美社中


ハラ委員長(左から2人目)らによる力強い鏡開き

ハラ委員長(左から2人目)らによる力強い鏡開き


パイオニア賞受賞者の紹介。左から半田俊夫さん、猪瀬加代子さん、リチャード・ユタカ・フクハラさん

パイオニア賞受賞者の紹介。左から半田俊夫さん、猪瀬加代子さん、リチャード・ユタカ・フクハラさん

Share.

Leave A Reply