ゼネラルミルズ社:チェリオス180万箱を自主回収

0

 シリアルやスナック類などを製造する大手食品メーカー「ゼネラルミルズ」は5日、同社の人気主力商品のシリアル「チェリオス(Cheerios)」で、小麦・大麦・ライ麦に含まれるタンパク質であるグルテンを除いた商品を表す「グルテン・フリー」と表示しているにも関わらず、小麦を原材料として使用していたとして、同商品180万箱を自主回収すると発表した。

 グルテンとは小麦など穀物に含まれるタンパク質の一種で、グルテン・フリーは、このタンパク質を除去した商品のこと。
 米国ではグルテンを摂取することでアレルギー反応を引き起こす自己免疫疾患「セリアック病」患者の増加や、著名人がグルテン・フリー・ダイエットを始めたことなどが影響し、食品各社がグルテン・フリー商品を多数製造している。
 ゼネラルミルズ社によると、小麦が含まれている商品は、カリフォルニア州ロダイの工場で製造されていた。
 同社が製造するチェリオスのグルテン・フリー商品は5種類あるが、リコール対象となっているのは、「ハニー・ナッツ・チェリオス」と黄色い箱の「クラシック・チェリオス」の2種類。
 「ハニー・ナッツ・チェリオス」でリコール対象となっているのは、消費期限が2016年7月12日から同年7月25日までの商品。「クラシック・チェリオス」は同年7月14日から同年7月17日までの商品。
 同社広報担当者によると、これまでに商品を食べて消費者2人がアレルギー症状を訴えているという。
 同社ではリコール対象商品をすでに購入し、アレルギー症状が出た人は同社まで電話するよう呼び掛けている。電話番号は1・800・775・8370。

Share.

Leave A Reply