芸術の秋

0

 四季のない南加にも、秋の気配は、忍び寄る。日本の秋のような鮮やかな紅葉はなくとも、朝夕の冷え込み、陽差しのまろやかな陰りに、そこはかとなく感じさせる。「秋の日はつるべ落とし」夕刻5時には暗くなるのも、人恋しさを募らせる。こんな時は何かがほしい。ぼんやりした寂しさを埋めるもの。芸術の秋とはよく言ったものだ。静かに時の流れを味わう時、クラシックコンサートもまた良いものだ。
 LA郊外、アリソビエホ市に日本から来たS大学がある。この大学のコンサートホールは、音響効果の優れたホール。今宵は世界的バイオリニストのサラ・チャンを迎え、サンディエゴ・シンフォニー・オーケストラがチャイコフスキーを演奏した。
 8歳から神童とうたわれ、子供とは思えない成熟した演奏で聴衆を魅了してきた彼女は、今、30代半ばで世界のトップに立つ。想像を絶する技巧、豊穣な音楽表現、聴衆へのアピール力、全てを兼ね備えている。のびのびとした演奏がまた気持ちよい。音楽に酔わせてくれ、活力を与えてくれる。ロック、パンク、ヒップホップ、カントリー、ポピュラー、さまざまな音楽ジャンルが盛況の米国。その中で彼女は、自分はクラシックを聴衆に届けたい、と明確なビジョンを持っている。彗星のように現れては消えていく音楽家の世界で、長くこの分野を牽引する一人になるだろう。PCで見るだけだった雲の上の人の演奏を、地元の会場で聴けたのも、嬉しく、親しみが湧いた。
 仕事に追われ、乾燥した日常生活で見失うものがある。聴きたい音楽、読みたい本、見たい劇、行きたい講演、それらをいい加減にパスし始めている。若い時には見たい、聴きたい願望が切実に切り立っていた。年齢を増すごとに、ヘンに世間ずれし、知ったかぶりになる。純な願望をごまかした後に、死神の訪問をうける。その時、やって失敗したことではなく、果さなかった願望こそがわれわれを苦しませるそうである。
 時代に流される生活と、時空を超えて残るものとを見極めるバランス感覚が大切なのかもしれない。芸術の秋はそれを再認識させてくれる時でもあろうか。【萩野千鶴子】

Share.

Leave A Reply