上陸記念日に

0

 ひょんなことからLAに住むことになって、17年が経つ。10年を過ぎた頃から毎年「上陸◯周年おめでとう!」のカードが日本の家族から届くようになり、12月のその日は、少し感慨にふけったりする。
 最初に覚えたのはバスの乗り方。まず、ダウンタウンのARCOタワー地階のMTAのカスタマーセンターで、目的地の路線図を手に入れる。案内してくれた彼女はBMWを持っているのに、トーレンスまでバスで行っちゃうほどのバス通であった。おかげで、LAX、パサデナ、グレンデール、バーバンクのIKEA、LACMAまでもバスで行ったものだ。1ドル35セント(今は1ドル75セント)の運賃が、トークンを買うと90セントで乗れた。程なくタップカードになりメトロも利用できるようになったが、改札口はナシという大らかさだった。
 バスのシートはブリキの上に布を張っただけでスプリングなどなく、座り心地はすこぶる悪かった。しかも、降りる時の合図は、窓際のヒモを引っぱって知らせる。これがアメリカ? と信じられなかった。駅名などないから、アナウンスもなく、乗り越さないように必死だ。ウッカリ居眠りなどしてられない。もっともLAの悪路がゴツンゴツンとお尻にひびくから、居眠りどころではないが。
 映画のロケにもよく引っ掛かった。そんな時はコース変更も平気でする。乗客への一言の断わりもない。その間の駅で降りる人はどうするのだろうと心配する。渋滞で運転手がイラついて勝手に空いた道を選ぶこともあったりする。長年LAに住んでいる先輩方でも、特に日本人は、バスになど乗ったことが無い人が多いのではないだろうか。
 車内では完全にレディーファーストだったが、それが、近年はどうだろう、優先座席に若者が平気な顔をして座っている。ああ、日本と同じになってきたと思う。
 先日、何年ぶりかでダウンタウンの中心、高層ビルの建ち並ぶオフィス街に出掛けたが、渋滞はひどく、ひしめく車の排ガスで息もつけない程の変貌ぶりに驚かされた。
 1街では今、メトロ・ゴールドラインの接続工事が進められている。地下鉄網がどんどん伸びて、日本のように電車通勤が一般的になる日もそう遠い先のことではないかもしれない。【中島千絵】

Share.

Leave A Reply