加州:運転中の携帯電話使用、規制厳格化

0

運転中の携帯電話の使用をさらに厳しく規制する法案に署名したカリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事

運転中の携帯電話の使用をさらに厳しく規制する法案に署名したカリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事

 カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は26日、運転中の携帯電話の使用をさらに厳しく規制する法案に署名した。今後、運転中に携帯電話を使った写真撮影や録画なども違反となる。【吉田純子、写真も】

 加州ではこれまでもハンズフリー機能を使用せずに、運転中に携帯電話で通話したり、テキストメッセージを操作することが禁じられてきた。
 今回は規制がさらに厳しくなり、携帯電話を使用した写真撮影や、録画、インターネットの検索やアプリ操作など、携帯電話そのものの機能を運転中に操作することが禁止される。
 カリフォルニア・ハイウエー・パトロールによると、加州では運転中の携帯電話の使用が原因で交通事故が発生するケースが依然多く、こうした事故を減らすため同法案は提出されたという。昨年だけでも運転中の携帯電話使用による死亡事故は12件発生している。
 施行は2017年1月1日から。初回の違反は20ドル、2回目以降50ドルの罰金が課せられる。

Share.

Leave A Reply