「We Are X」ハリウッドで上映会:YOSHIKIが舞台あいさつ

0

 レッドカーペットに登場した(左から)カイヤック監督、YOSHIKIと友人でミュージシャンのマリリン・マンソン


レッドカーペットに登場した(左から)カイヤック監督、YOSHIKIと友人でミュージシャンのマリリン・マンソン


 日本のロックバンド「X JAPAN」のこれまでの活動を描いたドキュメンタリー映画「We Are X」のプレミア上映会が3日、ハリウッドのTCL・チャイニーズ・6・シアターで行われた。上映会にはX JAPANのリーダーでドラマーのYOSHIKIをはじめ、本作を製作したスティーブン・カイヤック監督、関係者らが出席し、日本のロックバンドの軌跡をたどった。【吉田純子、写真も】

 「僕が10歳の時、父が自殺しました。すべてを語ることになかなか踏み切れませんでした―」。
 本作は同バンドの結成から解散、そして再結成に至るまでの経緯や、成功の裏に隠された苦悩などが描かれている。メンバーの死や子どもの頃に他界した同氏の父への思いも語られている。
 ドキュメンタリー映画が製作されると知った時、「とてもショッキングな内容なので、(心の)ドアがなかなか空けられない状態が何年も続いていました。今やっと完成までたどりつき、作品はポジティブなものに仕上がっていると思います」とYOSHIKIは話す。

 ハローキティーのデザイナーで「ヨシキティー」もデザインした山口裕子氏(左)とYOSHIKI


ハローキティーのデザイナーで「ヨシキティー」もデザインした山口裕子氏(左)とYOSHIKI

 本作を製作するまでX JAPANのことは知らなかったというカイヤック監督だが、次第にその魅力に惹かれていったという。「YOSHIKIのことを知るうちにその音楽性に興味を持ちました。時に狂気に近い激しさを見せたかと思うと、優しいメロディーを作り出す。激しさと優しさが絶妙に共存するアーティスト。なぜその二面性が生まれたのか、映画ではそのことにも迫ってみたかった」と話す。
 上映会にはロックバンド「KISS」のジーン・シモンズやミュージシャンのマリリン・マンソン、バックストリート・ボーイズのメンバーのAJ、そしてこの日のために日本から訪れたというハローキティーのデザイナーの山口裕子氏らYOSHIKIの友人や関係者らが出席した。
 X JAPANのファンだと語るジーン・シモンズは、「YOSHIKIはさまざまな楽器を自在に操る才能溢れるミュージシャン。KISSは東京ドームで1日公演を行ったが、X JAPANは1週間近く公演しチケットを完売させている。この映画で彼らの功績を知るだけでなく、彼らの音楽性も知ることができる」と太鼓判を押す。
レッドカーペットでポーズをとるロックバンド「KISS」のジーン・シモンズ

レッドカーペットでポーズをとるロックバンド「KISS」のジーン・シモンズ

 10歳の時に母とともに初めて足を運んだライブがKISSで、多大なる影響を受けたというシモンズが上映会でホストを務めてくれたことに、YOSHIKIは感激の面持ちで舞台あいさつに臨んだ。
 「音楽のドキュメンタリーというより、ライフストーリー。X JAPANを知らない方にも見てもらいたいです」と力を込めた。
 幼少期に父親を失った体験から「人間とは何のために生きているのか」を自問し続けてきたというYOSHIKI。「この映画を通して何となく答えが見つかったかな」と話していた。
 本作は今後全米各地で上映される。ロサンゼルスでは21日(金)から27日(木)まで、ウエストLAのNuart Theatre(11272 Santa Monica Blvd)で上映される。さらに詳しい情報は公式ホームページ(http://www.wearexfilm.com/)より。
レッドカーペットでポーズをとるYOSHIKI(左)と友人のマリリン・マンソン

レッドカーペットでポーズをとるYOSHIKI(左)と友人のマリリン・マンソン

Share.

Leave A Reply