タック西さんに旭日双光章:「皆のおかげ、今後も頑張る」

0

勲章伝達式

約40人の奉仕仲間と受章の喜びを分かち合い、祝杯を挙げる西さん(右から3人目)。右隣が敬子夫人

約40人の奉仕仲間と受章の喜びを分かち合い、祝杯を挙げる西さん(右から3人目)。右隣が敬子夫人

伝達式で千葉総領事(右)から「旭日双光章」を授与されるタック西さん

伝達式で千葉総領事(右)から「旭日双光章」を授与されるタック西さん

 日本政府の平成28(2016)年秋の叙勲者のタック西さんに対する伝達式が11月30日、ハンコックパークの総領事公邸で行われ、千葉明総領事から「旭日双光章」が授与された。受章は日本と米国間の友好親善と相互理解の促進、そして日本文化の紹介への寄与が認められ、西さんは「支えてもらった皆さんのおかげ。これからも頑張りたい」と、周囲の協力に感謝しながら、さらなる活躍を誓った。

 西さんは、米国版紅白歌合戦などさまざまな音楽・芸能イベントでステージに立ち、軽妙な司会でお馴染み。さらに、南加県人会協議会など日系諸団体で重職を兼務し、半世紀以上にわたり精力的に奉仕し、日米親善と日系社会の発展に献身する。
 あいさつに立った千葉総領事が西さんの略歴を紹介し、本業の庭園業と、奉仕の日本語教育、日本民謡など伝統文化の普及に尽す多大な功績をたたえた。
 ロサンゼルス生まれの西さんは、両親の故郷鹿児島に移住後、56年に帰米した。陸軍を名誉除隊後、造園・庭園業を再開し、80歳の現在も週5日働く。南加庭園業連盟での活動について、総領事は「後進の指導を続け、日本庭園を通じ日本文化の普及や日系人の地位向上に広く貢献した」と称賛。ソーテル日本学院では理事、理事長を歴任しており「日本語と日本文化を次の世代へと継承させる教育文化機関として名声を得ているのは、西さんの功績が大きい」と、賛辞を呈した。

勲章を胸に付け、謝辞を述べる西さん

勲章を胸に付け、謝辞を述べる西さん

 会長を務めた県人会協議会主催の親睦演芸会では、実行委員長と司会をこなし、その収益を原資とする育英奨学資金の募集を主導。南加日本民謡協会の理事としては、日本の伝統芸能の継承と普及に努めている。
 総領事は「誠実で温厚な人柄も相まって、当地日系社会においては、非常に信頼が厚い」と高く評価し、「日系社会の今日の繁栄があるのは、ひとえに西さんのような方の尽力があったこそ、と確信している」と力を込めた。
 勲章を胸に付けた西さんは、謝辞で「光栄で、恐縮している。長年支えてくれたコミュニティーの方々のおかげ」と述べた。日系社会に深くかかかわるきっかけは、各音楽バンドの司会を務めたことだとし「コミュニティーの多くの団体のリーダーと知り合い、とてもいい経験を積むことができた。現在も14団体に属し、とても楽しく活動できうれしい」と喜んだ。
 司会は通算1000回に上るといい「病気をせず一度も休むことなくできたのは、食べ物など健康に気を遣ってくれた敬子(夫人)のおかげだ」と、内助の功を披露。さらに「敬子は健康管理もうまいが、『夫の管理』も得意」と、ステージと同様のエンターテイナーぶりを発揮し、笑いを誘った。
乾杯の音頭を取った三宅さん(右)から祝福を受ける西さん

乾杯の音頭を取った三宅さん(右)から祝福を受ける西さん

 司会は52年間の経験の中で、森繁久彌さんに喜ばれたことが印象的だという。「苦しい時は、故郷の鹿児島を思い出しなさい」と言われ、感謝の意を込めて贈られた詩の色紙は、宝物として大切に保管している。「桜島の煙りを…」と、鹿児島をテーマに森繁さんが詠んだ詩を朗読。森繁さんの愛情、そして故郷に思いを馳せると、感情が込み上げ、声を詰らせながら「忘れられない。私も(森繁さんのような)思い遣りのある人となり、今後も日系社会に少しでも尽すことができればいい」と、抱負を述べた。
 奉仕仲間を代表し、ジョージ森さん(県人会協議会会長)とキティ・サンキさん(南加日商前会長)が祝辞を贈り、音頭を取った乾杯のあいさつで熱弁をふるった三宅明己さん(オレンジ郡日系協会名誉会長)のそれぞれが、西さんの活躍を褒めたたえ、よりいっそうの活躍に期待を寄せた。【永田潤、写真も】
叙勲を祝い、シャンパングラスを合わせる西さんの家族。左から義理娘のクリストさん、西さん、敬子さん、長女直美さん

叙勲を祝い、シャンパングラスを合わせる西さんの家族。左から義理娘のクリストさん、西さん、敬子さん、長女直美さん


叙勲伝達式に招待された参加者と集合写真に納まる西さん(前列左から5人目)

叙勲伝達式に招待された参加者と集合写真に納まる西さん(前列左から5人目)

Share.

Leave A Reply