加州人口、3940万人に:前年度から29万5千人増加

0

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事


 カリフォルニア州の人口が2015年7月1日から16年7月1日までの1年間で、およそ29万5千人増え、3940万人に達したことが、加州財務局が19日に発表した統計結果で明らかになった。【吉田純子、写真も】

 一方、同州の出生率は低下しており、10年の国勢調査時は人口1千人あたりの出生数は13・69人だったのに対し、今回の調査結果では12・42人となり、1900年代初頭の世界恐慌時以来、もっとも低いことが分かった。
 死亡率は、10年の国勢調査では人口1千人あたり6・26人だったのに対し、今回は6・71人となり、わずかに減少した。
 昨年の加州の純移動率(移入民と移出民の差)は7万人増加した。

Tags

Share.

Leave A Reply