USCキャンパスで教授刺殺事件:警察当局、大学院生を逮捕

0

教授刺殺事件が発生したUSCのキャンパス

教授刺殺事件が発生したUSCのキャンパス


 ロサンゼルスにある南カリフォルニア大学(USC)のキャンパス内で3日、心理学部教授のBosco Tjan氏(50)が刺殺された事件で、ロサンゼルス市警察(LAPD)は4日、LA在住のデビッド・ジョナサン・ブラウン容疑者(28)を逮捕した。【吉田純子】

刺殺された心理学部教授のBosco Tjan氏

刺殺された心理学部教授のBosco Tjan氏

 事件は3日午後4時半頃、同大学のSeeley G. Mudd building内で発生した。LA市消防局によると同教授はその場で死亡が確認された。
 殺害されたTjan教授は2001年から同大学で教べんをとっており、ブラウン容疑者は同大学の大学院生でTjan教授のもとで働いていたという。犯行の動機は現在も調査中だという。
 5日夜には、学生や教職員らがキャンパスに集まり、追悼式典が行われた。
 USCでは2012年4月に、同大学工学部の大学院に通う中国人留学生2人がキャンパス付近で銃撃され死亡する事件が発生している。
 また教授が殺害される事件は今年に入ってから今回が初めてではなく、6月にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で工学部の教授が同大学の元学生に銃撃され死亡する事件も起きている。

Tags

Share.

Leave A Reply