トランプ大統領のゴルフ場、落書き被害に

0

 トランプ大統領が所有するランチョ・パロス・バーデスにある「トランプ・ナショナル・ゴルフクラブ」が12日早朝、落書き被害にあっていたことが分かった。【吉田純子】

 落書きをしたとみられるグループは「匿名の環境保護活動家集団」を名乗り、ワシントンポスト紙にビデオを送っている。
 それによると、暗い色の衣服を着用した4人がフェンスをよじ上り、ガーデニング用品を使って芝生に「NO MORE TIGERS. NO MORE WOODS」と落書きしている様子が映し出されているという。
 芝生に書かれた文字の大きさはおよそ6フィート。
 さらにグループは同紙に対し「落書きは環境保護をあからさまに無視するトランプ政権に反対して行った」との声明も送っている。
 トランプ氏をめぐっては昨年10月、ハリウッド・ブルバードのウォーク・オブ・フェイムに埋め込まれている同氏の星形プレートが破壊される事件も起きており、実行犯の男が器物損壊の容疑で逮捕されている。

Tags

Share.

Leave A Reply