現金でもらえるのなら…

0

 今の季節、日本は気候が安定していて訪日する人も多い。旅行だけではなく、冠婚葬祭に出席する目的の人もいて、日程がぎりぎりの人だっている。
 しかし、数時間かけてやっと搭乗手続きを済ませて自分の座席に着き、離陸するのを待っているところに複数の大柄な男が現われて有無を言わせず機外に引きずり出されたら、なんとするか。
 シカゴのオヘア国際空港で先日、オーバーブッキング=過剰予約=を理由に(本当はほかの便に勤務予定の乗務員4人を運ぶための席を確保するためだった)ユナイテッド航空の機内から乗客が引きずり出されて大騒動に。
 その荒々しい映像がソーシャルメディアで拡散されて、ユナイテッド航空の対応に批判が集中した。同航空のムニョス最高経営責任者は当初「搭乗便の変更をていねいに依頼したのに乗客がけんか腰になったから警察を呼んだ」と釈明。同社の運送約款では、「発券し過ぎた場合は自主的に搭乗便の変更に応じる乗客を募り、それでも不十分な時は特定の乗客の搭乗を拒否できる」とあり、ルール上は何ら問題なしとの立場をとった。
 そもそも、航空券を購入した際、小さな文字で書かれている運送約款を読む人なんて、いるのか。せいぜい自分の名前と日時を確認するぐらいだろう。規則とはいえ、出血するほどのけがを乗客に負わせ、暴力的に引きずり出してよいはずはない。
 搭乗便の変更を強いられた乗客には通常、補償が与えられる。今回の場合、その日の最終便だったため、400ドル+ホテル1泊。しかし誰も手を挙げないため800ドルに引き上げられ、最終的には1000ドルまで引き上げられたという。それでも自発的に搭乗辞退をする人はなく、一連の騒ぎにつながった。
 日程をずらすだけで1000ドルもらえるのなら、辞退者がいてもよさそうなものだが、問題はバウチャーでの補償。つまり、ユナイテッド航空便のみで使えるクーポン券(期限などの条件付き)が渡されるだけで、現金ではもらえない。だから誰も手を挙げなかったのだろうか?
 ちなみに、米運輸省は2011年、無理やり搭乗を拒まれた乗客は航空券価格の4倍、最大1350ドルを受け取る権利があると定めている。【石原 嵩】

Share.

Leave A Reply