LA市の人口:4万人増の404万2千人に

0

 カリフォルニア州の人口が2017年1月1日までに前年度から33万5千人増え3950万人になったことが加州財務局の調査で明らかになった。
 加州でもっとも人口が多い都市はロサンゼルス市で前年度からおよそ4万2千人増の404万2千人となった。【吉田純子】

 LA市に次いで加州で2番目に人口が多いサンディエゴは1万5千人増の139万2千人、3位サンノゼは1万人増の104万6千人、4位サンフランシスコは9千人増の87万4千人となった。
 一方、人口が急激に増加したのはシエラネバダ山脈に位置するアマドール郡で、前年度から1・9%増えていた。背景には同郡刑務所の受刑者数の増加が影響しているという。
 また加州では人口増加にともない住宅数も増え、昨年度は前年から31%増の8万9千戸が新たに増加。総住宅数は1400万戸となった。
 加州は全米の中でも住宅価格が高い州のひとつで、全米平均より2・5倍ほど高く、毎月の家賃も全米のほかの都市と比べて50%ほど高いことが分かった。

Tags

Share.

Leave A Reply