25日に第10回定期演奏会:サウスベイハーモニーとコラボ

0

LAメンズグリークラブ

 南加唯一の日系男声合唱団「 LA メンズグリークラブ」(鴇田アレックス会長)は、第10回定期演奏会を25日(日) 午後3時からトーレンスのジェームズ・アームストロング劇場(3330 Civic Center Dr.)で開く。女声合唱団「サウスベイハーモニー」が協賛し、アメリカ、ロシア、スコットランド、イタリアの歌をはじめ、女声合唱、混声合唱、懐かしい日本の歌まで、幅広い年齢層が楽しめる盛りだくさんの内容となっている。

 同合唱団は、「Harmony is Everything」を合唱団のモットーに掲げ、会則の「男声合唱のハーモニーを楽しみながら、会員相互の親睦と地域社会との交流を図り、以って地域文化の向上に貢献する」に沿って活動している。 1999年の結成以来、定期的に開催する演奏会を活動の柱とし、さらに地元の教会や施設で催される各種コンサートに出演、敬老ホームへの慰問など多彩な事業に積極的に参加している。
 歌を通じて地域活動への貢献をするとともに、日本の歌、世界の歌を通じて異文化の交流を図る。サンフランシスコの日本合唱連盟メンバー、全米各地の日系合唱団、日本の福島郡山の男声合唱団「ドンカラック」などとも交流し、合唱の輪を広げている。南カリフォルニアの合唱団で構成する「南加日系合唱連盟」の主要メンバーの一員として、2005年の設立時から活動する。
 演奏会のチケットは10ドル。
 定期演奏会の問い合わせは、鴇田さん電話 808・ 753・2249。メール—
 [email protected]gmail.com
 または、中嶋さん電話310・940・9245。メール—
 [email protected]
 公式ホームページ―
 www.laglee.org
 ▽演奏曲目は次の通り。
オープニング  God Bless America  By Irving Berlin/Roy Ringwald
ロシアの歌  モスクワ郊外の夕べ  By В. Соловьева-Седого
母なるボルガを下りて  Arr. By В. Калинников
道  By А. Новиков
世界の歌 Shenandoah  Arr. By Parker/Shaw
Annie Laurie  Old Scottish song
イタリア民謡メドレー(忘れな草、帰れソレントへ、海へ来たれ)
Memory from “Cats” By A. L. Webber
女声合唱  ピッツィカート・ポルカ   By J. & J. Strauss
Adiemus from “Songs of Sanctuary” By K. Jenkins
混声合唱  水のいのち から「雨」  高野喜久雄 詩  高田 三郎 作曲
嵐の「ふるさと」  小山薫堂作詞  youth case作曲
日本の歌  秋のピエロ  堀口大学 作詞  清水 脩 作曲
 アカシアの径  鈴木 薫 作詞  多田 武彦 作曲
日本民謡  竹田の子守歌  京都地方民謡  佐藤 亘弘 編曲
 斎太郎節  宮城県民謡  竹花 秀昭 編曲
 村祭り  文部省唱歌  源田 俊一郎 編曲
エンディング  Amazing Grace  By John Newton/Lou Leaman

Share.

Leave A Reply