心躍り、胸が痛む伝統の祭り

0

 小東京を舞台に繰り広げられる真夏の祭典、伝統の二世週日本祭。先月開幕し、すでに一つの行事を終え、再来週末から本格的に諸行事がスタートする。祭りの音が、聞こえてくるこの時期はいつも心が躍る。今年は暑い日が続き、猛暑の小東京をさらに熱くしてくれるに違いない。
 一方で、祭りの名称の二世の方々の参加が、ここ2、3年でずいぶん減ってきていて、胸が痛む。元気な姿を見せて、われわれを喜ばせてほしい。二世は、差別や偏見と戦いまた、大戦の影響で人生を翻弄されながらも、たくましく生き抜いた真のパイオニアだと思う。個人的には、日系社会と小東京の古い歴史を日本語で語ってもらい、学ばせてもらい、貴重な経験をさせてもらった。二世の参加に敬意を払いたい。
 毎年テーマを持ち、今年は「ファミリー」(オハナ、ハワイ語)。ハワイで生まれ育った実行委員長のアイデアだそうだ。南カリフォルニアの人々に、日本の伝統文化と日系人文化を披露する祭りの目的を実行しながら、日本的な「おもてなし」で、家族として迎え入れ、楽しませようとしている。この考えは、日本文化の普及と、小東京の活性化にもつながるだけに期待が込められている。
 祭りの呼び物のグランドパレードは、約200の個人・団体が練り歩くというが、残念なことがある。初登場以来、10年以上欠かさず参加している青森ねぶたが、昨年に次ぎ光り輝くことはないのだ。明るいうちに先頭がスタートし、日が落ちる頃に終えるためだ。ねぶたはもう一台、中型を今秋、当地で制作を予定しているといい、来年こそは2台そろって輝きを放つことができるように、グランドパレードを夜に戻してもらいたい。それこそが、真の日本文化の紹介だ、と信じてやまない。
 華やかなコロネーションボウルで、日系社会を代表して他の社会を訪問し親善大使の役割もこなす女王とコートが決定する。候補者7人に会って話したが、皆しっかりしていて、頼もしい。活動は週末が多いらしく、プライベートを犠牲にした1年に奉仕のエールを送りたい。【永田 潤】

Share.

Leave A Reply