小東京で男性の遺体発見:警察当局、自殺と判断

0

男性の遺体が発見されたJACCC建物脇の現場


 日米文化会館(JACCC)広場で18日夜、男性の遺体が発見された。ロサンゼルス郡検死局によると、死亡した男性は小東京タワーに住む韓国系住民のChang Kangさん(81)。詳しい情報は分かっていないが、事件性はないとみられており、警察当局は自殺と判断したという。

 事件発生時に現場周辺を見回りしていた警備員の話によると、同日午後11時頃、負傷者がいるとの連絡が入り、現場に直行。日本庭園側のJACCC建物脇で、頭部から血を流して倒れている男性を発見した。
 遺体の側には黒色の回転式拳銃(リボルバー)があったという。発見時、男性はすでに心拍停止状態だった。
 警備員の話によると、第一発見者は犬と一緒に付近を散歩していた小東京の住民で、通報を受けたロサンゼルス市警察(LAPD)の警官が10分後に到着。警備員の話によると、現場を検証していた警官は自殺と判断したという。
 JACCCの建物内にいた人の話によると、同日午後9時半過ぎに銃声2発を聞いたと話している。【グェン・ムラナカ、吉田純子】

Tags

Share.

Leave A Reply