100歳迎えた森田千代子さん:長寿の秘けつは「心に愛を」

0

 ノーウォーク在住の森田千代子さんが26日、100歳を迎えた。長寿の秘けつは、何事にも一生懸命に取り組み、誰に対しても親切に、そして心に愛を持つことだという。【吉田純子】


100歳を迎えた森田千代子さん。家族に愛され、穏やかに暮らしている

 千代子さんは1918年7月26日、コロラド州イースト・レイクで生まれ、7歳から19歳まで熊本県で過ごす。相撲観賞が大好きで、テレビ番組「I love Lucy」を見るのが趣味だという。
 以前はトーレンスで暮らしており、同地で7人の子どもを育てあげた。当時トーレンスは農地が多く点在し、千代子さんはいちごや花を摘む仕事をしていたという。現在は自宅の庭でフルーツの木や野菜を育てるのが楽しみなのだとか。
 料理の腕も自慢で、特に漬け物は絶品と家族は口を揃える。
 得意の裁縫や編み物を生かし、子どもたちがお祭りに着ていく浴衣や美しい着物のほか、ニット帽やスカーフも作っていたという。
 現在は息子のウォルターさん夫妻と暮らしており、家族に愛され、穏やかに暮らしている。

Tags

Share.

Leave A Reply