トーレンスで小型機墜落:操縦士1人が死亡、1人が重体

0

 トーレンスの商業施設の建物に19日、小型機が墜落し、乗っていた2人のうち操縦士の男性1人が死亡、あとの1人が重体となっている。【吉田純子】

 連邦航空局(FAA)によると、小型機は同日正午ころ、トーレンスにあるザンペリーニ・フィールド空港を離陸直後に墜落した。
 現場は、同空港の南東に位置する商業施設「ローリング・ヒルズ・プラザ」内の建物。日系のスーパーマーケット「ニジヤ・マーケット」のほか、映画館やレストランなどがある。
 墜落した原因はこれまでのところ分かっておらず、現在調査が進められている。
 トーレンス市によると、操縦士の男性は事故現場で死亡が確認された。男性は操縦経験が豊富だったという。
 同乗していたあとの1人は近くの病院に搬送された。
 事故発生時に現場付近にいた人の中に負傷者はでていない。
 付近のクレンショー・ブルバードは一時閉鎖されたが、同日午後4時過ぎには解除された。

Tags

Share.

Leave A Reply