'

香川県人会、母県との絆強める:浜田知事「頼もしい香川の誇り」

0

故郷からの訪問団15人を歓迎

香川の民謡「金比羅船々」を輪になって踊る参加者

県人会の広報担当の青木太郎さんの音頭で乾杯する國宗哲典顧問(中央)ら参加者

 3年前に創立100周年を盛大に祝った南加香川県人会(國宗奈緒美、村田ゆき両会長)は、香川県から浜田恵造知事を団長とする県議長と県庁職員からなる訪問団15人と懇談する歓迎会をこのほど、小東京のミヤコホテルで催した。会員約30人が自己紹介をし親睦を深め、香川の民謡「金比羅船々」に合わせて輪になって踊って盛り上がるなど、母県との絆を強めた。

 訪問団一行は、ペルーへの日本人移住120周年の記念行事参加のため現地へ向う往路に当地に立ち寄った。両者は県人会創立100周年の祝賀会以来の再会で、訪問団は南米諸国への経由の際は、常に同県人会を訪れ交流を深めている。 

浜田恵造香川県知事(左)から記念品を贈られる國宗奈緒美会長

 歓迎会では、県が長寿会員4人を県と米国の国際親善増進への貢献で表彰し、表彰状と記念品を授与した。役員に対しては前期までの10年間、会長を務め勇退した國宗哲典顧問と、後を継いだ國宗顧問の長女の國宗奈緒美会長にそれぞれ記念品を贈った。
 浜田知事が謝辞を述べ、今回の県人会訪問を「ようやく皆さんに会うことができありがたく大変うれしく思っている」と、念願が叶ったことを強調した。100年を超す県人会の歴史について「長年にわたり会員相互の絆を深めながら香川とロサンゼルスをつなぐ懸け橋として、郷土の発展に格別の尽力をしている。國宗会長をはじめみなさんのたゆまない努力の賜物である」と敬意を表した。
 同県は全国で陸地面積が最小であるものの知事は「『多島美(内海に浮かぶ小さな島々が連なる様子の形容)』が多く、美しさを誇る瀬戸内海や緑豊かな山並みなど、風光明媚な土地柄として知られている」と力を込め、名所や名物を列挙し、会員の郷愁を誘った。日本の代表的な大名庭園であり当地のハンティントン・ライブラリーと姉妹庭園の栗林公園、海の守り神として有名な金比羅さん、金刀比羅宮などの名所・旧跡を誇リ、名産品としては香川漆器、丸亀団扇に代表される伝統工芸を紹介。食に関しては、さぬきうどん、醤油、そして全国一の産地であるオリーブはオイルのみならず、最近では飼料として用いられ「オリーブハマチやオリーブ牛、オリーブ地鶏、オリーブ豚など畜産品もおいしい。香川の食文化は大変充実していて、世界に誇る地域食が多々ある」と胸を張った。

長寿会員4人に対する県からの表彰。前列左から山中眞知子さん、岡内千恵子さん、池田圭一さん、町川・ジェームズ・芳雄さん

 今年は3年に一度開催の第4回瀬戸内国際芸術祭が開かれ、春、夏、秋の3会期で計107日間、合わせて117万人が国内外から来場し盛況を極めた。小豆島など瀬戸内海の小さな12の島で開催され「こうした島々を巡りながら島の自然と文化に溶け込んだアート作品を体感するという独特のスタイルが多くの人々から共感を得た」と振り返った。芸術祭の開催期間以外でも鑑賞できる作品が多いといい「香川に帰郷する際に機会があればぜひ、新しい香川の名所と現代アートを合わせて尋ねてほしい」と呼びかけた。
 各テーブルを回って参加者と歓談した浜田知事は、会員各人の米国での活躍や県人会の活動を知り「頼もしい。香川の誇り。ありがたい」と絶賛した。渡米後は帰属意識が薄れ県人会に入会しない若者が多いが、「香川出身の若い人たちが会に参加し、ちゃんと活動して頑張っていて素晴らしい」とたたえた。会員に向け「この調子で継続してほしい。香川の名産品や名所をアメリカで紹介して、香川を宣伝してもらえればうれしい」と希望し、県人会との交流をいっそう深め、友好関係をさらに強める意思を示した。

大山一郎・県議会議長(前列左から2人目)から激励を受けた若手の役員と青年部のメンバー

 香川県人会は、100周年を機に再団結を期し会の若返りを目指した。今春から役員人事の一新を図り若いメンバーの下で運営に乗り出し、広報部が勧誘に力を注ぎ会員数を増やしている。活動は新年会と夏のバーベキューパーティーで親睦を深めている。
 國宗会長があいさつに立ち、この歓迎会が若い役員による新体制での初の公式行事だとし「新たな歴史の瞬間。若手は県人会の宝」と表現。「令和の新たな時代に香川県人会の新たな一歩を踏み出すことができ心よりうれしい。浜田知事をはじめ訪問団を迎えることができてとても光栄に思う」と喜んだ。若手で固めた新役員について「まだまだ若輩だが、これからも県人会をもり立てていくように頑張りたい。これからもよろしく。みんなで頑張ろう」と決意を新たにした。【永田潤、写真も】

香川からの訪問団を歓迎し、親睦を深めた県人会のメンバーら

各テーブルを回り、県人会員と懇談する浜田知事(右端)

香川民謡「金比羅船々」の踊りをリードする氏家孝志・香川県議(右端)

Share.

Leave A Reply