日系バスケで培った統率力発揮:LAFDアジア初の女性署長

0

日系4世ゲイル・ソノダさん

慣習を破りLAFDでアジア初の女性署長となったソノダ署長(左から2人目)。任務にあたる部下たちと

 ロサンゼルス消防局(LAFD)のゲイル・ソノダ署長は言う。「一生懸命努力し、働き続け、最善を尽くすことしか知らない。すべてはバスケットボールと家族によって私に植え付けられたことだ」

消防士への感謝イベントを組織したジェイソン・りーさん(左)と=昨年7月、小東京

 2019年、ソノダさんはそれまでの慣習を打ち破り、アジア系女性として初めてロサンゼルス消防署の署長に昇進した。その彼女の着実なリーダーシップは、少女時代から続けたバスケットボールや家族とのきずなを通して、彼女の一部として育まれた。これらは共に、日系米国人のコミュニティーに深く根ざしている。
 オレンジ郡仏教会の「大音太鼓」でたたいたり、日本語学校に通った。バスケットボールを始めたのは10歳だ。最終的にはオレンジコースト・オプティミスト・クラブや4世リーグで活動し、仲間と今日まで続く友情を築いている。「バスケットボールをフープに入れるのを、『これ、楽しい』と思ったことを覚えている」と、思い出を振り返る。「両親はすべての試合に来てくれた。彼らは非常に協力的で、必要なときに私を賞賛し、必要なときに厳しく批評してくれた」。チャップマン大学に進むとキャロル・ジュー監督の下でポイントガードを務め、スポーツ医学の学位も取得した。
 2008年からLAFDに勤め、消防57分署配属の消防士として5年働いた。その後、救急医療認定を取得し、すぐに1級検査官に昇進した。LAFDに勤務する以前は、アスレチックトレーナーとして働いていた。また、LAFD男子バスケットボールチームの数少ない女子選手の1人として、バスケットボールも続けている。

息子と満面の笑顔のソノダ署長

 昨年、小東京はパンデミックに加えて、消防士の士気に関わる大きく危険な火災にも直面した。ボイル通りで発生した倉庫火災の爆発で、12人の消防士が負傷した。熱い火の粉や燃える破片が周囲に飛び散った。
 7月、小東京はこの火災を最前線で消し止めた消防士たちに和食弁当を届けることで町の感謝を伝えた。小東京の飲食店が協力して、中央派遣センターと地域を管轄する第3、4、9分署の隊員全員に「カリフォルニアロールと真鯛のグリルの昼食弁当」を提供した。参加したレストランは、居酒屋エビス、大政鮨、鮨元、TOTだった。ソノダさんは、彼女の仕事の一部はあらゆる状況に備えて消防士を訓練し、物理的に準備することであると話す。
 「私たちが日々抱える重荷はますます大きく、重くなっている。正しい技術で扱わなければけがをする可能性がある。命が懸かっているという気持ちで訓練するしかない。実際、われわれの仕事は命懸けなのだから」

Share.

Leave A Reply