5/11日(土)ヤードセールを開催

 
 東日本大震災で被災した日本の子どもたちに、アメリカからクリスマスカードに添えてチョコレートや元気づけるメッセージを送って応援したいとの趣旨で、ヤードセールの準備が今年も進められている。
 主催はChocolate for East Japan Committeeで、昨秋の開催に続き2回目となる。日時は 5月11日(土)午前9時から午後2時まで、会場はサンファナンドバレー日系コミュニティーセンター(12953 Branford St., Pacoima, CA 91331)。
 現在、ヤードセール用のクラフト手芸品や不用になった衣類、書籍、おもちゃ、ビデオ、DVDなどのクリスマス贈答用品を募っている。また、クリスマスカード、ギフトラベル、寄付金(チェックpayable: C for East Japan)などの形で支援が求められているほか、ボランティアも募集している。
 昨年は宮城県の被災地を訪れて保育園や学校、高齢者施設を慰問し、メッセージを添えた総数1000個のチョコレートをクリスマスプレゼントとして子供たちやお年寄り一人ひとりに配って「アメリカに住んでいる大勢の人が被災者の心情に思いを寄せ、いつも応援しています」との気持ちを伝え、交流を深めてきた。
 詳細問い合わせはよしこさん(電話818・389・4776)または百合子さん(電話818・726・8935)まで。メールは[email protected]