Browsing: Japanese

コミュニティー
0

 新型コロナウイルスによるアジアおよび太平洋諸島系の住民(API)に対する差別拡大を受け、ホーラバック!とアジアン・アメリカン・アドバンシング・ジャスティス(AAJC)の両団体は、3月から無料の「バイスタンダー・インタベーション・トレーニング(傍観者介入トレーニング)」を通じて、ハラスメントに遭遇した時に上手に事態に対処し、傍観者から介入者として行動する知恵を提供している。【文=ミッシェル・ティオ、訳=砂岡泉】

コミュニティー
0

 小東京防犯協会(LTPSA、ブライアン・キトウ会長)は16日、ロサンゼルス警察へ感謝の気持ちを込めて、セントラル地区を巡回するすべての警察官に無料の日本食弁当を提供した。弁当はカリフォルニアロールと赤鯛のグリルで、さまざまな日系企業と、日本食レストラン、ボランティアの寄付と奉仕によって実現した。

コミュニティー
0

 サクサクのエビ天ぷらが乗った大ぶりの天丼で有名なトーレンスの「マツイ・レストラン」。長年の店長であるアルトゥーロ・ラミレスさんは、紙のマスクをつけてニコニコしながら、ヤンキースのスラッガーだった松井秀樹選手がホームランを打つたびに、「特製マツイ丼」を食べに来る客の行列ができたものだ、と話す。

コミュニティー
0

 トーレンス市で起こったアジア系市民が被害に遭った3件のヘイト事件に対し、人種による偏見や差別に抗議する集会が11日、ヘイトスピークの現場となった同市のウィルソン公園で行われた。被害者4人がスピーチし、そのうちの1人の日本人男性は、集結した100人を超える参加者に向け、加害者が逮捕されていない理不尽な対応を訴えた。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス郡は、またしても国勢調査で居住者を過小評価する悪い軌道に乗ってしまった。このままだと1000万人の居住者に不可欠なサービスを提供するのに役立つ連邦政府の資金を失ってしまう。タイミングは、これ以上は無いというほど最悪だ。エスニックメディアのジュリアン・ドゥさんが同郡のビデオ会議に出席した内容を案内する。

コミュニティー
0

 日本において「水際対策強化に係る新たな措置」が6月29日、決定された。当面7月末日まで、米国とカナダを含む129カ国または地域からの外国人が日本へ入国ができない措置が続く。日本人は入国(帰国)できるが、その際にもPCR検査や14日間の自主隔離など多くの要件があるので留意するとともに、最新の情報を確認する必要がある。

磁針
0

 ロサンゼルス郡パブリックヘルス発表によると、一日の新型コロナウイルス感染者数は毎日更新され、ここ直近一週間は特に顕著に増加している。マスク着用、不要不急の外出禁止は続いているものの、応じない人たちが増えている。マスク不使用で入店を断られ大声でわめきたてる。

磁針
0

 東アフリカで大量発生したバッタが飛びに飛び、今年に入りパキスタン、インドへと押し寄せた。  国連食糧農業機関(FAO)が公表する「Locust Watch」によると、 昨年来ケニア、エチオピア、ソマリアの3国で爆発的に増えた大群の一部は、インド洋を北上。新型コロナウイルス感染被害に息を切らすインド西部に広がった。

コミュニティー
0

 トーレンス市の日本企業「YSメディアエージェンシー」が、新型コロナウイルス感染拡大の防止策で必要とされているハンドサニタイザー(手指消毒剤)を製造し各地に寄付する壮大なプロジェクトを行っている。25日にはロングビーチ市に、翌26日はグレンデール市に、30日はロサンゼルス市にそれぞれ1万本を寄贈した。

磁針
0

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、横田滋さんが今月5日、87歳で亡くなられた。めぐみさんの拉致から42年、妻の早紀江さんが会見でおっしゃられた通り、「全身全霊」で拉致被害者の救出運動に尽力された。  もう17年も前になるのだが、拉致問題解決への協力を求め、被害者家族がロサンゼルスを訪れた際に取材をする機会に恵まれた。

1 2 3 361