Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 リトル東京サービスセンター(LTSC)でソーシャルサービス・ディレクターを務めるマーガレット・エンドウ・シマダさんもまた、家庭内暴力の被害で助けを必要としている人たちが一歩を踏み出すことを奨励している1人。「LTSCは、家庭内暴力の被害者を偏見の目で判断したり決めつけたりしない。ただ、救いの手を差し伸べる。それが私たちの使命だから!」と話す。【キャシー・ヤマモト、訳=砂岡泉】

コミュニティー
0

 新型コロナウイルスの感染拡大により、家庭内暴力(DV)の被害者が家庭内でさらに孤立しDV被害がエスカレートしている。非営利団体「レインボー・サービス」は、重要なサービスを拡大している。活動内容は、同団体のウェブサイト内の「サバイバー・ストーリー」にも掲載されている。被害者の情報を守るため、匿名で記された物語を紹介しよう。【キャシー・ヤマモト、訳=砂岡泉】

コミュニティー
0

 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大により、家庭内暴力(DV)の被害者の女性や子ども、男性が家庭内でさらに孤立している。家庭はフラストレーションや抑うつ、不安、さらには経済的問題を抱えているためDVがエスカレートしているのだ。このような状況を受け、バイリンガルスタッフによる幅広いサービスを提供する「レインボー・サービス」と「リトル東京サービスセンター(LTSC)」の非営利の支援団体の活動をシリーズで紹介する。 【キャシー・ヤマモト、訳=砂岡泉】

コミュニティー
0

 南加日系商工会議所(川田薫会頭)が主催する正月祝賀行事「お正月イン・リトル東京」が1日、オンラインで開催された。毎年、初詣客も加わり大勢の人出でにぎわう小東京の元日の恒例行事だが、23回目を迎えた今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、バーチャル開催となった。昨年末から開始されたワクチン接種の効果に期待を込め、未来の明るい時代に向けてスタートを切った。

コミュニティー
0

 ドジャース、ワールドシリーズ優勝! 1988年以来、32年ぶりにチームを優勝に導いたデーブ・ロバーツ監督の母親栄子さんが、日本出身初の大リーグ監督となったデーブさんの生い立ちから、大リーグを目指して野球に打ち込み、少年時代からの夢をかなえた愛息の人一倍の努力を振り返る。そして「ドジャースの監督の母として、温かい応援をいただいた全てのファンの皆さまに感謝します。息子をよろしくお願いします」と、母心で訴える。【永田 潤】

コミュニティー
0

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、開幕延期、試合数削減や無観客試合などを強いられ、困難なシーズンとなった大リーグ。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、要所での采配が光り30球団中で最多勝利を納めた。今季を振り返り、祝う必要のあるすべてのことを語った。健康、家族、ワイン、そして…、待ちに待ったワールドシリーズ優勝について。【マイキー・ヒラノ・カルロス、訳=長井智子】

コミュニティー
0

 この夏、オレンジ郡仏教会の「Obon at Home」を発案したケイティー・イケモトさんのアイデアは、昔のお盆を写した家族のビデオテープに端を発した。「子供だった自分たちが手をバタバタさせて動きまわり、小さな妹が走り回っているのを見て、大笑いするしかなかったの」と、ヨーバリンダ高校に通うケイティーさん(17)は言う。それはケイティーさんが小2の年のビデオだった。母のテイコさん、そして2人の妹と、ビデオを見ながら笑い、思い出話に花が咲いた。しかし、その時ケイティーさんの心には、明らかに別の大きなひらめきが宿っていた。【川本ジョン、訳=長井智子】

コミュニティー
0

 カリフォルニア州リバーサイド郡にある「ハラダハウス」は、老朽化のため公開されることもなく、静かに補修に伴う支援の手が差し伸べられるのを待っている。2020年版の「全米で最も存続が危ぶまれる11の史跡」に名前が挙げられたこの目立たない小さな家が、ある日系移民の闘いの場だったことは、あまり知られていない。全米歴史保存トラスト協会のためにニコラス・ソムが書いた記事を翻訳した。

1 2 3 65