Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 伝統の第129回パサデナ・ローズパレードに日米グリーンバンド協会から派遣された日本選抜マーチングバンドが元旦の檜舞台で堂々と演奏した。約10日間の滞在で南加各所を回り4度の舞台をこなし、小東京では五輪イヤーをテーマにした慈善を兼ねた公演を行うなど、充実した米遠征を終えた。

スポーツ
0

 世界空手連盟(WKF)の「形」で世界第6位にランクされ、南カリフォルニアを拠点に年間を通し世界各地を転戦するアメリカ代表の國米櫻(こくまい・さくら)選手。東京オリンピックは、19年間のキャリアの集大成と位置づけ檜舞台に臨む。ハワイで生まれ、修業を積んだ日本は文武両道を成し遂げ、自身を一流の空手家そしてトップアスリートに育ててくれた「第二の母国」だ。日米の応援を力に変え、世界から選ばれた9人の強者を相手に勝負の夏を睨んだ新年の抱負は、もちろん「東京オリンピックでメダルを取る」【永田 潤】

コミュニティー
0

 ジャパンハウス・ロサンゼルス(海部優子館長)が定期的に開催する映画と食のイベント「ムービー&バイツ」が7日、ハリウッド・ハイランドにある同館ラウンジで行われた。映画ファンや日本酒の愛好家70人が集まり、LA在住のジャーナリスト兼映画監督小西未来さんの長編ドキュメンタリー「カンパイ!世界が恋する日本酒」(2016年)を鑑賞しながら日本酒のペアリングを堪能した。

コミュニティー
0

 ロサンゼルスねぶた囃子保存会(豊島年昭会長)は、1日に開かれた「ハリウッド・クリスマスパレード」に5年連続で参加を果たした。ねぶたは、ハネトと囃子を従え、起点に敷かれたレッドカーペットに威厳のある堂々とした勇姿を見せ、脚光を浴びた。目抜き通り3・2マイルを約1時間にわたって練り歩き、10万人を超える観衆が埋めた沿道はどよめいた。

コミュニティー
0

 世界で二つしかない被爆都市、広島、長崎両市と全米日系人博物館(JANM)が共催する特別展「きのこ雲の下で―ヒロシマ、ナガサキと原爆」が、同館で開催されている。広島平和記念資料館から提供された被爆者の遺品や在米被爆者の証言を紹介し、被爆の惨状と核兵器廃絶を訴える。

コミュニティー
0

 国際交流基金LA日本文化センターこのほど、舞踏家の土方巽(ひじかた・たつみ)のトリビュート写真展を催した。土方巽(1928年〜1986年)は60年代以降に前衛芸術の第一線で活躍し、今ではButohという呼び名で世界に知られるようになったダンススタイル「舞踏(暗黒舞踏)」の生みの親である。

コミュニティー
0

 ロサンゼルスのステイプルズセンターで1日、毎年恒例の「ジャパンナイト」が開催され、日本や日系社会からのエンターテインメントが次々に登場した。地元クリッパーズとワシントン・ウィザーズの対戦では日本人ルーキーの八村塁選手が自己最高の30得点を挙げた。この日はテニスの大阪なおみ選手もコートサイドから観戦し会場に花を添えた。

コミュニティー
0

 3年前に創立100周年を盛大に祝った南加香川県人会(國宗奈緒美、村田ゆき両会長)は、香川県から浜田恵造知事を団長とする県議長と県庁職員からなる訪問団15人と懇談する歓迎会をこのほど、小東京のミヤコホテルで催した。会員約30人が自己紹介をし親睦を深め、香川の民謡「金比羅船々」に合わせて輪になって踊って盛り上がるなど、母県との絆を強めた。

コミュニティー
0

 ロサンゼルスと名古屋の両市は今年、姉妹都市関係締結60周年を迎えた。それを祝い、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)はこのほど、ロサンゼルスのセンチュリーシティーにあるショッピングモール「ウエストフィールド」で記念イベント「名古屋デー」を開催した。河村たかし名古屋市長、エリック・ガーセッティ市長らがオープニングセレモニーに参加し、LANSCAの照子ワインバーグ委員長とともに両都市の60年の交流を祝った。

コミュニティー
1

 青森のねぶた祭りを伝承する「ロサンゼルスねぶた囃子保存会」(豊島年昭会長)は17日、LACMA(ロサンゼルス郡現代美術館)の中央広場で中型ねぶた「公時」を展示した。囃子の演奏に合わせ、ハネトが元気よく跳ね「ラッセラー」と叫ぶパフォーマンスを4回にわたって行った。来館した見物人から大きな拍手を浴び、今年の活動を締めくくるハリウッド・クリスマスパレード(12月1日夜)へ弾みをつけた。

1 2 3 4 55