Browsing: 磁針

磁針
0

 日本最高齢の福岡の女性、田中カ子(かね)さんは現在115歳。1903年(明治36年)1月2日生まれ。「ライト兄弟が初飛行の年に生まれた」とのこと。「ライト兄弟」といえば誰もが知る歴史上の人物。その同時代人がまだご健在ということになる。  「人類の飛行の歴史は意外と短い」この事実をあらためて思い返した。

磁針
0

 先日、トランプ氏が対中制裁関税で影響が出る米企業に、米国内生産移管を促すとしている。これにはもちろん日本企業も含まれており、特に車関連が影響を受けそうだという。  その車に関してだが、ビッグ3は日本でなぜ米国車が売れないのか調査をしたことがあるのだろうか、という疑問がいつも浮かぶ。

磁針
0

 義兄が倒れた、という知らせを受けて航空券を手配している間に、死亡の知らせが届いた。その間、21時間。  着いた日本は台風21号が関西地方に猛威を振るい、大きな爪痕を残していた。納棺の日、移動中に突然の大雨と突風に見舞われたが、東京は大丈夫だった。北海道方面に抜けると聞いて、親戚、知人のところは大丈夫かと心配して連絡したら、震度を観測できないくらいの地震が襲っていた。

磁針
0

 今年の夏は、インターネット朝日放送が連日中継する「バーチャル甲子園」も楽しんだ。白球を追う高校生たちの野球そのものもエキサイティングだが、甲子園という舞台で繰り広げられているドラマを見るのが楽しかった。  北は北海道から南は沖縄まで厳しい予選を勝ち抜いて甲子園にやってきた「おらが母校」の応援に駆けつけた生徒、父兄、市の職員、OB、OG…。

磁針
0

 重陽の節句という言葉を最近ではあまり耳にしませんが、9月9日のことです。重陽とは陽が重なるということで、中国の陰陽思想に起因するそうです。数字の奇数は縁起が良い数字とされ、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)というように区切りをつけて邪気払いをしたそうで、九は陽の気が極まって重なる重要な節目だったのだと考えられます。

磁針
0

 渡米して、はや人生の半分が過ぎようとしている。母国はいつ何どきも忘れず気になるもの。明るい話題に勇気づけられる半面、降り掛かる幾多の災難には心が痛む。頻繁に起こる自然災害は特にそう。  地震大国日本。私が渡米して以来、阪神と東日本の大震災に加え、各所で地震や台風、豪雨による洪水、地滑りなどが後を絶たない。

磁針
0

 8月8日、翁長沖縄知事が急逝。9日には沖縄県民栄誉賞を受賞した安室奈美恵さんもホームページに弔意コメントを発表した。  翁長知事は元々保守政治家、1985年から2014年まで自民党に所属し那覇市議、沖縄県議、那覇市長を歴任し、当初より辺野古移設に賛成していた。

磁針
0

 車を運転しない私の移動手段は、普段は時間と事情がゆるせば、もっぱらシニア・ディスカウントで一回1ドル15セントの市営バスや電車を利用するが、急ぐ場合や天候によってはウーバーのお世話になる。  タクシーでもウーバーでも、どんな運転手に当るかで、目的地までの15分か20分の間に、ちょっとした会話から、私の知らない世界が開けることもあり、A点からB点へのただの移動に終わることもある。

磁針
0

 夏休み初日、慣れない土地で1時間半もの行列の中にいた。なかなか前に進まずに足も疲れてイライラ。その矛先は次第にある特定の人たちに向かっていった。  ヨガの先生に教わった言葉を思い出したー「浮かんできた感情をただただ遠くから眺める。良い悪いなどの判断も下さずに。

磁針
0

 ロサンゼルスと比べると、シアトルの夏は短い。ガレージセールなどのサインも、夏の3カ月に集中する。  不用品が出た時に、惜しみながら捨てる以外に、寄付や売るという選択肢のあるのは本当に素晴らしい。日本でも近頃はフリマ(フリーマーケット)で売ったりイーベイやメルカリに出品したりと、再利用の機会が増しつつある。

磁針
0

 暗い森の中をひとりさまよいながら、彼は何を思い孤独な日々を過ごしていたのだろう。  先週、南米でいまだ文明社会と触れていない「新たな先住民族確認」のニュースが全世界を駆け巡った。アマゾンのジャングルで暮らす先住民族の姿をブラジルの政府機関がドローンを使って撮影し、その映像が公開されたのだ。

磁針
0

 今夏はあれだけの猛暑だったのに、8月も終盤になると、いつの間にか、朝夕は心地良い涼風を感じるようになった。夏の終わりはいつも名残惜しい。何かをどこかに忘れてきたのでもないが、言い尽くせなかった思いが残されたような、未完結さがある。とは言うものの、夏の太陽と青空の下で遊んだ満足感はある。

1 2 3 4 138