Browsing: Japanese

コミュニティー
0

 山形県の若松正俊副知事らが10月16日、同県の食材や観光資源を米国で紹介することを目的に、観光と県産品のPRレセプション「山形 観光と食の夕べ」をロサンゼルス在日本国総領事館で行った。当地の食や観光業の関係者らが集まる中、同県特産の日本米や山形牛、日本酒やワインなどを紹介し、同県の魅力をアピールした。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 南加県人会協議会(芥川義則会長)は10月21日、小東京のアラタニ劇場で第39回親睦演芸会を開催した。各県人会のメンバーが民謡や舞踊を披露したほか、日本文化の継承に励む日系子弟に贈られる育英奨学金の授与式も行われ、7人の受賞者が発表された。日本からの特別ゲストは昨年に引き続き今年も歌手の出光仁美が出演し、観客を沸かせた。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 わが故郷は愛媛の瀬戸内海に面した城下町、沖あいには古くから村上、河野などの水軍が活躍した島々が散らばって、夕日が海面を黄金色に染め、島々のシルエットが浮び上がる様は絵のように美しい。温暖で雨が少ない瀬戸内は、漁業の他にみかんの産地としても名を知られている。

磁針
0

 トランプ大統領の信奉者が自家製のパイプ爆弾を、オバマ前大統領など民主党の主要人物やメディアに送りつけた。  幸いなことに犠牲者も出ず、犯人も数日で逮捕されたが、ピッツバーグではユダヤ教の礼拝の行われていたシナゴーグで銃が乱射され11人もの犠牲者がでた。世の中危険極まりない。

 ニュース
0

 ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で27日に11人が死亡する銃撃事件が発生したことを受け28日、犠牲者を追悼する集会がウエストウッドなど南カリフォルニア地区各地で行われた。追悼集会にはLA市のエリック・ガーセッティー市長らが出席。ヘイトクライム(憎悪犯罪)の禁止を訴えた。【吉田純子】

磁針
0

 1970年から44年間、本紙コラム「仔豚買いに」を執筆されていた山城正雄さんが亡くなった。9月19日。102歳だった。  日本では聞くこともなかった日系社会のこと、帰米二世、強制収容所のことなどは山城さんのコラムを通して知ることが多かった。数日かけて2004年から14年までの新聞の切り抜きを追悼の思いで読んだ。

磁針
0

 アメリカ合衆国国勢調査局から一通の手紙が届いた。国勢調査の一環である「アメリカン・コミュニティ・サーベイ(ACS)」対象に選ばれたので、回答するようにというもの。それもオンラインでという。続いて、回答のためのパスワードが届き、その後には念押しの手紙も。

特集記事
0

USCで江戸文化の講演 同窓会開きLAの卒業生と交流  江戸文化研究者で、東京6大学初の女性総長となった法政大学の田中優子氏が来米し、9月28日に南カリフォルニア大学(USC)で江戸時代の織物文化について講演した。29日には当地の同校卒業生からなる校友会支部メンバーおよそ50人を招き同窓会「法政ミーティング」を開催。当地の卒業生らと交流した。同大学の海外への発信力強化を目指す田中総長に、着物や江戸文化の魅力、そしてこれからのグローバル教育について話を聞いた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 次世代リーダーの価値観を共有しコミュニティーのニーズに応えることを目的に7年前に活動を開始したグループ「Kizuna(絆)」の新たなエグゼクティブ・ディレクターにステファニー・ニタハラさんが選出され、8日に就任した。「次の世代の人々を支援し、力強い未来を築くため、日系コミュニティーとの団結をさらに強化していきたい」と抱負を語った。

磁針
0

 1890(明治23)年、通信記者として日本にやってきた英国人ジャーナリストで作家のパトリック・ラフカディオ・ハーンは日本について綴った著書「日本の面影」の中でこんな言葉を残している。「彼ら(日本人)の素朴な礼儀正しさは、けっしてわざとらしいものではない。彼らの善意は、まったく意識したものではない。

1 2 3 4 312