Browsing: Japanese

コミュニティー
0

 カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は28日、カリフォルニアの学校とビジネスを再開するための4段階の計画を発表した。  知事は「慎重ながらも楽観主義で」いく方針を発表し、数週間以内に州全体の外出自粛を徐々に緩和することを目指す。州経済を再開するための4段階のアプローチについて以下のように概説した。

コミュニティー
0

 日本政府は4月29日付で、令和2年(2020年)春の叙勲受章者を発表した。在ロサンゼルス日本総領事館管轄区域関係者では、ナンシー・キョウコ・オダ氏とブライアン・キトウ氏のそれぞれに旭日双光章が授与される。オダ氏は米国における日系社会の福祉向上および日米間の友好親善に寄与したことが、キトウ氏は日米間の友好親善および相互理解の促進に貢献したことが認められた。両受章者の対日功績を紹介する。

コミュニティー
0

 カリフォルニア第39区(ロサンゼルス郡、オレンジ郡、サンバナディーノ郡)選出のギル・シスネロス議員がフェイスブックを通じたオンライン・タウンホールミーティングを27日、開催した。ジュディー・チュウ議員、アジアおよび太平洋諸島系の人権擁護団体の代表らが新型コロナウイルスの感染拡大に連れて増加するヘイト・クライムとヘイト・インシデントについて話し、人々の関心を呼び掛けた。

磁針
0

 「新顔のウイルスは環境破壊の進んだ地域から浮上している。その多くはほころびかけた熱帯雨林の一隅か、人間の入植が急速に進んでいる熱帯のサバンナから生まれているようだ」。この記事は4月21日の日経新聞の夕刊「明日への話題」に「ホットゾーンを読み直す」と題した作家・篠田節子さんのコラムである。友人のメールで知った。

コミュニティー
0

 カリフォルニア・ハイウエー・パトロール(CHP)とカルトランズ(カリフォルニア交通局)、カリフォルニア交通安全局(OTS)は、新型コロナウイルスのパンデミックにより出された外出禁止令により、車の交通量が極端に減ったフリーウエーで、制限速度をはるかに上回る時速100マイルを超える速度違反を犯した裁判所への出頭命令が2493件に上ったことをこのほど発表した。

コミュニティー
0

 全米日系人博物館(JANM)が仮想世界に「飛躍」した。新型コロナウイルスの世界的流行の危機の中で開催が困難となった毎年恒例のブラック・タイのフォーマルイベントの代わりに、ライブ・ストリーミングで18日、バーチャル・ガラを開催した。これは日系人の経験の物語が今後の世代に共有されなければならないという同館の決意の表れである。

コミュニティー
0

 トランプ政権の追加経済支援策についてジェトロが発信。特に企業からの関心が高い「Paycheck Protection Program(PPP)」の最新動向について、要点をアップデートした。PPPには3100億ドルが追加融資として投じられ、27日よりローンの受付が再開されている。

コミュニティー
0

 ノーストーレンスのAkira Shono(しょうの・あきら)さんが23日午前3時から行方が不明になり、安否を気遣う家族や友人がフェイスブックなどで情報の提供を呼び掛けている。しょうのさんは、コンプトンのラルフスに同日、勤務する予定だったが、出勤しなかったという。

磁針
0

 新型コロナの感染拡大を防ぐため、世界中の政府が対策を講じる今、卓越したリーダーシップを発揮し、注目する人物がいる。カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事だ。  目まぐるしく変化する状況を毎日州民に説明する知事のブリーフィングでは、新型コロナをめぐる対策からデータに至るまで、膨大な情報量が頭に入っていることに驚く。

磁針
0

 職場を閉じられて、自宅拘束されて早くも1カ月と1週間。テレビを見ても新聞記事を読んでも、新型コロナウイルス関連の記事以外に一体なにがあろう。  友人、同僚に電話をすれば、ホワイトハウスと州知事のケンカにも不謹慎ながら飽きが来て、出てくるのは食べ物の話ばかり。

1 2 3 4 5 358