Browsing: アメリカ

磁針
0

 スモッグが去ってからどのくらい経っただろうか。澄み切った青空。3月の日がまぶしい。毎朝、2匹の愛犬と散歩する。変わったのは空だけではない。行き交う人もすっかり変わってしまった。  マスクで顔を覆い、数メートル前からこちらを避けて通り過ぎる。1年前には、「Good morning」とか「Hi」と手を挙げてあいさつしていたアメリカ人は知らん顔で通り過ぎていく。

磁針
0

 愛知県名古屋市に生まれ育った自分にとって、お袋の実家がある同県安城市は母方の親戚一同が在住していることもあり、幼少時の第二の故郷のようなところだった。考えてみると、子供の頃の体験こそが、現在の自分の骨格になっていることに気がつく。  安城市と言えば、日本三大七夕祭りの一つである安城七夕まつりが有名で、小学生の頃は毎夏、祖母と叔父家族が住む家に泊まりで遊びに行っては、にぎわう祭りを楽しんだ記憶がある。

磁針
0

 その日のことは今も鮮明によみがえる。  日本に到着してほどなく、久しぶりに会った親戚と銀座三越の9階で昼食を終えたばかりの時だった。天井からつるされた照明器具がブーンと左右に揺れはじめ、窓の外を見るとクレーンが大きく揺れていた。揺れが止むのを待って一階へ降り、とりあえず喫茶室に座り込むと、余震のたびに「皆さん、テーブルの下へ」とウエートレスの声。

磁針
0

 アメリカ中東部を襲った大寒波で、停電、飲料水不足や暖を取れない生活を強いられている人たちがいる。今年ほどではなかったであろうが、79年前の今の時期、真珠湾攻撃の後、日本人の血を引くものは西海岸から立ち退くよう言い渡されて、自由立ち退きでインペリアルバレーからコロラド州の牧場に向けて旅立った家族のこと。

磁針
0

 今はコロナで中断しているが、今年で創立43年のバレーボールリーグに参加させてもらっている。平日の夜、人種も年齢もさまざまな男女がジムに集い、親子はもちろん、孫たちとチームを組む祖父母もいて、排球魂が世代を超えて引き継がれている。  近年、久々にコートへ戻ってきたポール君も、同リーグでプレイするご両親を見て育った日系人だ。

磁針
0

 日本も世界と同じ土俵で語られて比較されるようになったのは救いと思う。いろんな課題があらわになってきている。これも新型コロナのおかげなのか。  ひとつは医療システム。日本はアメリカに比べて桁違いに感染者が少ないのに、病床が足りず医療崩壊が叫ばれた。人口当たりの病院数も病床数も圧倒的に多いのになぜなのか。

磁針
0

 日本へ帰国すると決めてから、「うそでしょう?」「どうしてまた?」「理由は?」と多くの質問を受けた。1981年から2009年まで、まる28年である。アメリカが、ロサンゼルスが嫌いになったわけではない、仕事が嫌になったわけでもない、むしろ楽しんでやっていた。

磁針
0

 職場の社会福祉団体は病院やナーシングホームではないが、デイサービスなど高齢者のケアが大きな部分を占めているおかげで、職員全員が早期にCOVID19の予防ワクチンを摂取できるという恩恵を受けた。  早速オンラインで市内に設置された会場を探したが、便利なところはどの時間帯もすでに埋まっておりラッシュアワーなら車で軽く1時間はかかるサウスの大学にスポットを見つけて予約を確保した。

磁針
0

 夫婦で母国日本に戻ってまもなくほぼ2年。コロナ禍に気をつけながら40数年振りに生活する故郷の東京は心から楽しい。日本は色々あって面白く文化の密度も濃くそれが自分の文化だから自然だ。日々を過ごす中の実感で帰国は良い決断だったと思う。  長い米国生活だったので東京は新鮮な魅力がある。

磁針
0

 インターネットの愁明記には考えが及ばず、それほど大きな影響力を持つとか想像できなかったのが検索サイト。最初はヤフーが制覇しグーグルが数年後に追い越した。今では検索することを「グーグルする」というほど広く定着、当時の状況とは大きな差がある。手掛ける業種が多様化し、人類の未来像すらを変えるほどの企業になった。

磁針
0

 先日、ワシントンDCのキャピトルと呼ばれる議会議事堂が、過激的な一部のトランプ支持者によって襲撃された。  そのショッキングな事件に当たり、アクション・スターでありカリフォルニア州の知事(2003〜11年)を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー氏が7分半余りの動画を投稿した。

磁針
0

 大統領就任式を来週に控えるまでとなった。  いつもであれば、11月の投票日かその翌日くらいに開票結果を知ると、次は1月の就任式まで関心はないのだが、今回はこの間がずいぶんと長く感じられた。初めて知ったことも少なくなかった。  接戦州での決着がつくまでが長く、テレビの前に座る時間もまた長かった。

1 2 3 43