Browsing: エリック・ガーセッティー

コミュニティー
0

 「私の魂が日本を求めている。日本の美の真髄に触れるたびに魅了されるのです」。元ロサンゼルス郡検事で、親日家としても知られる写真家のギル・ガーセッティー氏が7日、小東京にある日米文化会館(JANM)で、小東京ロータリークラブ主催のイベントで日本の美について講演した。会員らおよそ60人が集まる中、自身が日本で撮影した写真について、そして日本人が持つ美を敬う心について語った。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 ホームレスにならざるを得なかった人。自らホームレスの生活を選んだ人。それぞれの行き方が米国内で共存している。  ある時、オフィス付近の交差点でひとりのホームレスの男性と出会った。

コミュニティー
0

 約500社で組織するJBA(南カリフォルニア日系企業協会・三宅英夫会長)の設立55周年記念レセプションが2月25日、ハンコックパークの総領事公邸で開かれ、参加者約180人がこれまでの歩みを振り返り、エリック・ガーセッティー・ロサンゼルス市長ら来賓らが鏡開きをし盛大に祝った。加盟企業は、次の55年へ向け心を一つにし、団結を強めた。【永田潤、写真も】

スポーツ
0

 知的障害を持つ人たちのためのスポーツの祭典、第14回「スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」が25日、開幕し各会場で競技が始まった。同夜ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで開かれたセレモニーでは、凝った演出のショーや花火が打ち上げられ、華々しく開幕した。「ニッポン—ジャパン」と紹介され108番目に入場した日本選手団(大和田誠団長)118人は、6万人を超す大観衆が見守る中、胸を張って行進し、大きな声援に手を振って笑顔で応えた。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 知的障害を持つ人たちのためのスポーツ競技会「第14回スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」が25日(土)から8月2日(日)の9日間、LAで開催される。世界165カ国から選手約6500人とコーチ約3千人が集結し、26競技で熱戦が繰り広げられる。日本からは77選手が11競技に参加し、在米邦人の日本語の応援を待っている。

 ニュース
0

 武装していなかった黒人男性が昨年8月にロサンゼルス市警察(LAPD)の警官に撃たれ死亡した事件をめぐり7日、ハンコックパーク地区にあるLA市長公邸前でおよそ30人が抗議デモを行った。8日早朝にも、テントで一夜を明かしたデモ参加者が、LAPDのチャーリー・ベック署長の解任などを求め抗議運動を続けた。

 ニュース
0

   ロサンゼルス市議会は21日、エリック・ガーセッティー市長が提案した来年度予算案(2015年7月1日―15年6月)に治安対策費1135万ドルを追加した総額86億ドルの改定予算案を暫定承認した。来週議会で再採決され、その後市長が5日以内に可否を判断する。

特集記事
0

 「ハンサムな子が来たなと思いました。まさかエリックが市長になるなんて―」。  エリックとは現ロサンゼルス市長エリック・ガーセッティー氏のことだ。同市長は高校生の時、交換留学生として日本を訪れ1カ月間滞在した。家族の一員としてひと夏を過ごし、今も「日本の家族」と呼ぶホストファミリーの吉田正二朗さん、妻・珠子さん、瀬戸春子さん(旧姓、吉田)に少年時代の市長との思い出を語ってもらった。【取材=吉田純子】

 ニュース
0

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティー市長は14日、就任後2回目となる施政方針演説を、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校(CSUN)で行った。「原点に戻る(back to the basics)」をキーワードに、就任当時からの公約に加え、目下の課題となっている水不足問題への取り組みや、現在積極的に推し進めている地震対応策などについて自らの指針を示した。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティー市長とメトロは6日、現在進行している鉄道3路線建設工事の影響で損失を受けた路線周辺の小企業4社に対し、昨年ロサンゼルスで初めて設立されたメトロの「事業中断基金」(Business Interruption Fund、BIF)から計6万6310ドルの損失補償金を手渡した。

特集記事
0

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティー市長の父で写真家のギル・ガーセッティー氏が7日、日本をテーマに撮った写真集「日本、美しきものへの崇敬」を発表し、サンタモニカ市にあるダンカン・ミラー・ギャラリーでサインイベントを開催した。友人やさまざまな分野で活躍する芸術家、息子であるLA市長らが出席する中、日本に対する熱い思いをスピーチし、米国人が見習うべき姿は日本にあると訴えた。【吉田純子、写真も】

1 2