Browsing: グレゴリー・ウィリス

特集記事
0

 小東京にある日米文化会館(JACCC)理事会(サンディー・サカモト議長)はこのほど、グレゴリー・ウィリス氏の辞任を受け空席となっていた館長の職に、日系社会とアート、非営利団体の運営に精通したレスリー・イトウ氏を任命したと発表した。同氏の正式就任は3月4日を予定している。

特集記事
0

 フランスで資金流用罪の有罪判決を受けていたことが発覚し、22日に辞任した小東京にある日米文化会館のグレッグ・ウィリス前館長問題に関し、日系人の公民権や補償を訴える団体「NCRR(Nikkei for Civil Rights and Redress)」は、同館理事会に対し、事の発端やいきさつを明確にし、コミュニティーにきちんと説明することを求める声明を発表した。

特集記事
0

 日米文化会館で、さまざまな文化を紹介するイベント「LA Bloom」が4月27日から始まった。舞台芸術や各種ライブパフォーマンス、花展、ハッピーアワー(カフェ・バー形式)などバラエティーに富んだ内容。グレゴリー・ウィリス館長が「日本の伝統文化と他のモダンな文化を融合させ、日米文化会館が演出したエキサイティングなショーケースである」と自信を込めるイベントは、6日までの10日間にわたり同会館で開催される。

特集記事
0

 耐震性に安全上の問題が生じ、昨年1月から休館状態にあったアラタニ日米劇場の補修工事が完了し、7月に1年半ぶりに再開の見通しとなった。それを受け1日、劇場を所有する日米文化会館でグレゴリー・ウィリス館長兼CEOが、劇場利用者や日系メディアなどを集めて説明・意見交換会を開いた。永続的な劇場運営の指針が示され、サービスの向上、経営の再建を図る。