Browsing: グレンデール

磁針
0

 3月初旬に開かれたアカデミー賞授賞式。最有力だった辻一弘さんが映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)』でメーキャップ賞を受賞。このカテゴリーでは日本人初の快挙を成し遂げた。  アカデミー賞の壇上でスピーチする辻さんと主演のゲーリー・オールドマンの表情とが交互に映し出された場面では、テレビのこちら側にいた自分もいたく感動した。

磁針
0

 大学アメフトシーズンが大詰めだ。全米一を決める4校選出がまもなく(12月4日の日曜日)発表される。2014年から始まった新たなCollege Football Playoff(CFP)だ。最終ランキングのトップ4校が12月31日にPeach Bowl(ジョージア州アトランタ市)とFiesta Bowl(アリゾナ州グレンデール市)で準決勝を争う。

磁針
0

 ひょんなことからLAに住むことになって、17年が経つ。10年を過ぎた頃から毎年「上陸◯周年おめでとう!」のカードが日本の家族から届くようになり、12月のその日は、少し感慨にふけったりする。  最初に覚えたのはバスの乗り方。

コミュニティー
0

 世界6カ国で、個展や実演を行った実績を持つ書画家の平野武(ひらの・いさ)さんが来米し、コンテンポラリーダンスとのコラボレーションによるパフォーマンスを13日、グレンデールの「ブランド図書館&アートセンター」で2度にわたり行った。前衛的な書道が、異色のアートと融合することで、平面の枠を飛び出し、立体的な芸術作品を披露した。

特集記事
0

 グレンデール市所有の公園に昨年、韓国系団体によって設置された慰安婦像の撤去を求め、日本の地方議員などで構成する訪米団(団長、松浦芳子・東京都杉並区議)が14日、ロサンゼルスを訪れ、関係自治体訪問や各所視察など3日間の活動をこなした。同市に抗議文を提出したり、志を同じくする当地の日本人活動家とのパネルディスカッションに参加し協力関係を確認、現地で得た情報を帰国後の活動に役立てる。【永田 潤】

Featured
0

 大江戸助六太鼓など日本で磨いた技と和の精神をロサンゼルスに伝えた本郷悦雄さんが、1973年に創設した「LA祭太鼓」。その40周年を祝う記念コンサートが2日、アラタニ劇場で開かれ、同門の「ベニス光心太鼓」と、日本から招いたプロの座古瑞穂らとともに全身全霊のパフォーマンスを見せ、会場をいっぱいに埋めた800人を超える大観衆は陶酔した。

磁針
0

   くまのプーさんや、大学のマスコットなど、クマはモチーフとして多用され、その愛くるしい表情とぷくぷくの体型は多くの人を魅了している。しかし先日、クマのぬいぐるみがあるハプニングを引き起こした。  オレゴン州ポートランドでひとりの若い女性がハイウエー#5の