Browsing: デボラ・フリント

 ニュース
0

 総工費50億ドルを投じて全自動無人運転車両の開通や新たな施設の建設などが提案されているロサンゼルス国際空港(LAX)の近代化計画で、ロサンゼルス市のエリック・ガーセッティー市長は4日、同計画に関する産業フォーラムに出席した。同計画に関心を寄せる国内外の企業の代表者らおよそ900人が参加する中、ガーセッティー市長は計画の詳細を発表した。【吉田純子、写真も】