Browsing: トミー・ラソーダ

Featured
0

 第6回「世界ウチナーンチュ大会」(10月26日から30日)のPRの北米ツアーで11日にロサンゼルス入りした翁長雄志・沖縄県知事が、同夜のドジャースタジアムでの試合前に始球式を行い、捕手を務めた沖縄生まれのデーブ・ロバーツ監督を相手に一球を投じた。沖縄観光のプロモーションビデオを大型スクリーンで紹介し、ファンに「沖縄に来て下さい」と呼びかけた。

コミュニティー
0

 今春の叙勲で、日米の文化交流促進および日本の野球界の発展に貢献した功績が認められ、旭日中綬章を受章した元ドジャース社長兼オーナーのピーター・オマリー氏に対する勲章伝達式が8日夜、試合前のドジャー球場のフィールドで催され、堀之内秀久総領事から勲章が授与された。式典には、ドジャースでメジャーデビューを果たした野茂英雄氏が、日本からお祝いに駆けつけ、恩人に花束を贈った。【永田 潤】

磁針
0

 「みんな逃げた?」「ノー。お父さんがまだ中にいるのよ!」  激しい爆発音と燃え盛る炎に唖然とする人々。響きわたる女性の叫び声。火は住宅1棟を焼きつくし、あたり一面は黒い煙で覆われている。  住んでいたのは73歳の男性で、肺の疾患から酸素タンク

特集記事
0

 大リーグ初の黒人選手をデビューさせ、また日本など海外遠征を実施し野球の国際化に貢献したドジャースの偉業を紹介する展示が、全米日系人博物館(JANM、グレッグ・キムラ館長)で開催されている。展示は、ワールドシリーズ6度の優勝を誇るフィールドでの活躍のみならず、ドジャースが果たした公民権の向上や地域貢献など社会的役割に焦点を当てている。

スポーツ
0

 ドジャースで大リーグデビューした元投手の野茂英雄氏が10日、ドジャー球場で始球式を務め、独特のトルネード投法で一球を投じ観衆を沸かせた。デビューした時の背番号「16」のユニホームを着て当時を振り返り「スタッフが投げやすい環境を作ってくれた」と感謝した。

特集記事
0

     ロサンゼルス・ドジャースは12日、毎年恒例イベント「日系コミュニティーナイト」を開催した。スティーブ・イノウエ二世週祭実行委員長をはじめエミリー・フォリック女王やコートが登場し、コミュニティーの代表として観客に同祭への参加を呼び掛けるとともに、日系社会の存在をアピールした。

特集記事
0

 ドジャースは今季、開場52年目の球場を総工費約1億ドルをかけて増改築し選手の大型補強を図った。1日、地元で今季開幕戦を行い、試合前には華やかなセレモニーを盛大に催し開幕を祝った。戦力強化、設備の充実で1988年以来、25年ぶり悲願のワールド・シリーズ制覇を目指す。

 ニュース
0

     経営破綻していた大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャースは27日、プロバスケットボール(NBA)の元スター選手、マジック・ジョンソン氏らの投資グループに球団を売却することで合意したと発表した。買収が承認されれば、売却額は米国4大スポーツで史上最高額になる20億ドル(約1656億円)とみられ、ドジャースの資産価値の高さを示した。