Browsing: バレエ

特集記事
0

 「脊髄梗塞です。再び歩くことはできないかもしれません」―。医師からの突然の宣告に号泣した9年前のあの日、「歩けなくてもいい。踊り続けたい…」。そう願い続けた思いが奇跡を起こし、プロダンサーとして再び華麗にステップを踏む浜本まり紗さん。ダンスに寄せる情熱で人生最大の試練を乗り越えた今、すべての人にダンスの持つ魅力とそのパワーを伝えるため、全米初となるプロの車いす社交ダンスカンパニー「Infinite Flow」を設立した。 【取材=中村良子】

磁針
0

   歳をとると「きょうよう」がないといけないそうである。さもありなん。長年培ってきた教養は老後を豊かにする。だてに年はとってはいません。と思いきや、教養ではなく、今日用なのだそうである。  今日は透析を受けるちょっとつらい用がある。

磁針
0

   先週の日曜日、エルカミノカレッジのマーシー公会堂を、約1200人の観客が埋め尽くした。鳴り止まない盛大な拍手を受けたこの日の主役は、華麗なバレエダンサーでも、歌舞伎役者でも、有名歌手でもなく、障害を持つごく普通の子どもたちと、その兄弟姉妹だった。

磁針
0

   先日、本棚の整理をしていたら、ロイヤル・バレエ団の「シンデレラ(プロコフィエフ作曲)=1969年」がでてきた。踊りもオーケストラも久しぶりに堪能した。ディズニーのも好きだけど、やはりひと味違う。  プリマのアントワネット・シブリーは女優の

磁針
0

   先日、娘がカゼをひいたとかで大学の病院へ行った。もともと骨が細い体格なのだが、ドクターの目には拒食症とうつったらしい。結果、栄養士にまわされた。  身長から割り出した体重が平均値より少ないのが理由だとか。こういった経験を持つ人は、まま

特集記事
0

 NBAで優勝16回を誇る世界屈指のプロバスケットボールチーム「ロサンゼルス・レーカーズ」の花として、コービー・ブライアントなど花形選手と同じコートに立って華麗なダンスを披露し、試合を盛り上げるレーカーガールたち。その中に日本人の両親を持つジェニファー・恵・アルバニューさんがいる。ダンス少女だった頃から憧れた夢舞台で、約2万人の大観衆に愛嬌を振りまいている。【永田潤、写真も】