Browsing: ブログ

磁針
0

 2016年の「新語・流行語大賞」のトップテンに「日本死ね」が選ばれた。保育園の抽選に外れた母親がブログに書き込んだ言葉がマスコミや国会でも取り上げられ、一躍流行語になったのだ。  過激な発言をした母親の言い分はこうだ。

磁針
0

 「保育園に落ちた…」のブログを読んで、そういえば僕も昔チャットなど…。  懐かしくなったので以前お邪魔したことのあった電子掲示板サイトの「2ちゃんねる(2ちゃん)」を久しぶりに覗いてみた。十数年ほど前、面白半分で2ちゃんにまぎれこみ「ホー、こんなものがあるんだ」と感心したものだった。

磁針
0

 一人の女性が投稿したブログが、国政をも動かそうとしている。  「保育園落ちた日本死ね!」  過激な発言に最初は、ギョッとした。怒りのブログは続く。  「何なんだよ日本。1億総活躍社会じゃねーのかよ。

磁針
0

 スポーツの真の楽しみは、実際にゲームに参加するか、観戦することだと思う。が、多くの人々は、その結果や経過を見たり、読んだりしているに過ぎない。それでも感激したり、興奮させられたり、時には人生の指針を与えられたりもするのはなぜだろうか。

磁針
0

 スマートフォンを使う世代には、新登場のアプリによるサービスが次々と登場しているらしい。旧態依然の携帯電話を使う私にも、ぽつりぽつりと情報が届く。  「ウーバーを使う」と語ったのは、30代の息子だ。

磁針
0

 スペインに住む高校時代からの親友とフェイスブック上で久しぶりにチャットをした。  時差もあるし、お互い小さい子供がいるので、普段は短いメッセージのやり取りや、彼女がポストした写真にコメントをつける程度。面倒くさがりの筆者と違って、マメな彼女は日本の食材があまり手に入らないため、

磁針
0

 東日本大震災後、初めて迎えた子供の日。本来であれば多くの子供が家族と楽しい休日を過ごすはずだったのに、震災によってすべてが一変してしまった。  自衛隊、警察・消防関係者、医療関係者等は地震発生直後から黙々と救助、復旧活動をしているが、地震発生の5日後に現地入りしたある看護師が、