Browsing: マーケット

磁針
0

 桜の季節に合うピアスをつくってみた。パーツはピンクのビーズやクリスタル。シンプルだけど華やかさもある。なかなか上出来で、会社に行くとき気分が上がる。職場の女性たちにもプレゼントしたら、売ってみたら? とすすめられた。  ちょっと市場を調べてみて感じたのは…すでに「飽和状態」。

磁針
0

 前日からの雨が上がり、道路の所々に水溜まりの残る石畳の道が続く舗道を抜け、典型的なヨーロッパのイメージのどんよりと曇る空の下、テムズ川沿いを散策してみました。ロンドン橋から遠くない場所に掛けられた重厚感あるタワーブリッジを望む公園には、巨大な白いカーネーションで作られたオブジェが飾られており、花を求める多くの女性たちで賑わっていました。

磁針
0

 今ではないが、時季ともなれば中国系のマーケットなどに新鮮な子持ちシシャモが並ぶ。本当はカペリンと呼ばれ、シシャモとは違う種らしいがどちらにしてもおいしい。  前回は3ポンドほど買ったが、後で「もう少し余計に買っとけば」と思ってしまった。

磁針
0

 最近、会話の中で「死ぬ前に何を食べたいと思うか」という話題になった。「納豆卵かけごはんでしょう!」と一人がいうと、他の一人も「やっぱりそれしかないでしょう!」と同調した。しかも納豆は、ひきわりがいいとか、大粒がいいとか。なんか貧弱で、最期にふさわしいのかな? と声をそろえて笑った。

磁針
0

 見ず知らずの人の食事代を払ってあげたり、駐車料のコインを追加してあげたりする親切運動があるらしい。  若いのに「クォーター下さい」と言う人に時々出会うが、私はあげない。心の中で(シニアでも働いてンねンで!)とつぶやいてしまう。

磁針
0

 そろそろ寒くなり、好きなモツ煮込みの季節となった。好きではあるがあの臭みがなんとなく苦手で、臭みを取るために何度も時間をかけて煮こぼしていた。臭みが消える頃には肉質が柔らかくなりすぎる。それをさらに煮込むからもっとフニョフニョになってしま

磁針
0

   テクノロジーの発展と共に「テレビを見る」という概念は革新的な変化を遂げている。  スマートフォンやタブレットで、いつどこでも好きな番組が気軽に見られる時代になりつつある。  ここ数年、急速に伸びているのがネット配信だ

磁針
0

   年末を迎え、各地で恒例の歳末助け合い運動が始まっているが、一年を通じて助け合いの精神が生きているのが慈善と互助とボランティアの先進国であるここアメリカといえよう。  ビジネスから退いて16年、私はロサンゼルス郊外で引退生活をエンジョイしている。間もなく

磁針
0

   かなり前になるが、マーケットでの買い物帰り、女性から声をかけられた。「教科書に同性愛のことが書かれているのが子どもの教育に悪いから反対の署名をください」というのである。  僕ら夫婦が「別に良いじゃないか」と言うと、目が真ん丸になって「良いわけないじゃない、

磁針
0

   「店員のマナーの悪さ」といったことはよく耳にする。「手伝ってくれない」「せかす」「客をほっといて内輪の話に忙しい」などなど。そういったところの店員は店内教育が行き渡っていないだけのことで、店主、マネジャーがしっかりしている所はTrader Joe’s のように店員も感じが

磁針
0

   サンクスギビングデーが過ぎ、街はホリデーシーズンへまっしぐら。年末年始に向かって、時計の針はいつもより足ばやに時を刻む感じ。  長引く景気低迷も、ネット通販を含むブラック・フライデーの好調ぶりから推し量ると、やっとこさっとこ出口を見いだしたのではとの印象。

磁針
0

   アメリカ国内では比較的なじみの浅い柿だが、それでも日系人や日本人の多いマーケット、特に日系ストアには色鮮やかな柿が並びはじめている。今年は柿が豊作のようだ。知人宅に植えられた柿の木には今年も枝が折れんばかりに実がついた。おかげでたくさんの柿をいただき、

1 2