Browsing: ラスベガス

コミュニティー
0

 「アメリカデビュー」を今月2日に果たし波に乗るプロのチンドン屋「べんてんや」が今週末のサンディエゴとラスベガスをもって、東海岸から西海岸へと米大陸を横断した7州26カ所に上る巡業を終える。22日、関係先へのあいさつのため訪れた小東京では演奏を披露し、芸にいっそうの磨きをかけた今ツアーの充実ぶりを語った。

コミュニティー
0

 北海道礼文町の海外交流事業で来米した礼文高校1年の男女9人が、精力的に活動し研修(15〜25日)をこなしている。2012年に始まり今年で8回続けて生徒を派遣し、町の活性化に寄与する研修プログラムは今年、バーバンクのジョン・ミューア中学との姉妹校提携へと花開き、次代を担う若者の活発な日米交流に期待が高まる。

磁針
0

 小東京の西本願寺が組織する女子バスケットボール団体「ワンジェッツ」の9年生チームの解散食事会に、一学年下の長女も招かれ同席した。  高校生になった彼女たちは、それぞれの学校で競技を続ける。毎年8月上旬にラスベガスで開かれる「ハリウッド・ドジャーズ」トーナメントにも記念として初出場した。

磁針
0

 このところ雨がよく降り、水不足もある程度解消となっている。  が、この雨の中、普通の天候と同じような運転をする輩がいるのが現実。ビッタリ後付けされたり無理な割り込みなど平気でやるのだが、やっている本人より周りがビビって事故を起こしそうになるので困ったものだ。

磁針
0

 新年を迎えると、すぐに誕生日。毎年、慌ただしい中で過ぎていくので、今年は特別なこともあって、ラスベガスに行くことにした。塔のあるホテルの塔にあるレストランで食事をすることにした。  天気が心配されたが、回転するレストランで不夜城を一周しながら一望。まばゆい輝きの夜景は見応えがあったが、人工光に惑わされている感があった。

磁針
0

 日本人は繊細な情緒を持つ民族で、日本語はその情緒を自由自在に表現できる言語だから、俳句や短歌が盛んなのだろう。その文化的背景があるから、ことネーミングなども、実にピッタリの表現がある。まさに、その通り、よく言ってくれた、と膝を叩きたくなる言葉が多々ある。住めば都、という言葉もそうだ。

磁針
0

 エルビス・プレスリー没後40年にちなんだイベントや商品が売り出されている。その中の一つ『A Boy from Tupelo』というタイトルで、またもやサンセッションの曲がリマスターされ発売された。ひとつにまとめられたアルバムが、70年代に初めてリリースされてから4度目のリマスター。

磁針
0

 ラスベガス、シカゴ、サンフランシスコと久しぶりに3連続出張をこなした。どの旅路も異なる航空会社だった。浅ましくも全て同じエアラインだったら得したのに! と正直思ってしまった。マイレージ・プログラム(英語ではFFP、Frequent Flyer Program)が脳裏から離れなかったのである。

コミュニティー
0

 「100歳まで健康で働く」ことを目標にする親睦団体「北米百働会」は12日、モンテベロのクワイエットキャノンで今年度の総会を開き、タック西会長の6年目留任が決った。親睦会には菊間茂・日系担当領事をはじめ日系諸団体の代表を来賓に迎え参加者約80人が、健康を維持し生涯現役で社会に貢献することを誓い合った。

磁針
0

 アメフト(アメリカン・フットボール)のシーズンたけなわだ。アメフトにはプロリーグ(NFL)や大学リーグなどがあり、世論調査によるとアメリカ人が観戦を好むスポーツ中継の半分近くを占めるという。私も試合のルールなどそれほど詳しくないが、その躍動感と迫力には圧倒される。

磁針
0

 先日世界のあちこちを旅行する友人と会う機会があった。彼女は厳しい修業で有名な日本の料理学校出身で、たたき上げのプロの料理人だ。だが、気さくな人柄で世界の旅先で気軽に友人を作り、その人の家に泊めてもらうという特技を持つ。

磁針
0

 日本のお笑いというエンターテインメントの形には、日本独自のものがあるのではと何となく感じていました。海外にもコメディーはありますが、あくまでも特定の人向けであることが多く、大げさな仕草や物まねなどというオーソドックスな笑いを中心としています。

1 2