Browsing: ラッセラー

コミュニティー
0

 2007年夏、日本から海を渡り、大トリを務めた二世週祭のグランドパレードで小東京の夜を彩った青森ねぶた。その威風堂々とした勇姿に魅せられて結成し、翌年のパレードに参加した「南加ねぶた囃子保存会」が、デビュー10年目の新年を迎えた。めでたさの中でも、メンバーは浮かれず「気を引き締めて、稽古により励む」などと、決意を新たにする。三位一体となる活動母体の「南加青森県人会」、そして本家青森ねぶた祭の「菱友会」との固い絆をいっそう強め、「ラッセラー」の掛け声とともに培った「ロサンゼルスねぶた」を発展させる。【永田 潤】

コミュニティー
0

 今夏の二世週祭のグランドパレードで大トリを務めた青森ねぶた「津軽海峡 義経渡海」(作・竹浪比呂央)が11月29日夜、日本伝統の祭りとして「ハリウッド・クリスマスパレード」に初参加した。レッドカーペットに堂々と登場し、約80分にわたり練り歩き、大きな声援と拍手を浴び、ハリウッドデビューを飾った。

コミュニティー
0

 16日、夕闇迫るグランドパレードに、8年ぶりに雄姿を表わした中型ねぶた「津軽海峡 義経渡海」。「光る彫刻」と称される芸術品は、存在感を誇示するために観衆を焦らしながら日が落ちるのを待ち暗闇の中で出陣。「そこのけ、そこのけ、千両役者のお通りだ」—威風堂々と大とりを務めた。約50分にわたり小東京を練り歩き多くの感動を与え、第75回記念の二世週祭を飾るにふさわしい期待通りの活躍を見せた。【永田 潤、写真も】

コミュニティー
0

 第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)は、第1週の15、16の両日開催され、祭りの呼び物グランドパレードと、コロネーションが盛大に開かれ、伝統の祭りは佳境に入った。さまざまなイベントが催され盛り上がり、猛暑の小東京をさらに熱くした。「二世週祭特集第二弾」では祭りの熱狂ぶりを伝えるほか、今週末も繰り広げられる日本文化紹介や各種展示・実演など盛りだくさんの内容で見どころを紹介する。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 南加青森県人会は12日、小東京のミヤコホテルに約50人の参加者を集め、2014年度総会と新年親睦会を催し、奈良佳緒里会長の6期目続投が承認された。来年の二世週祭で大型ねぶたが参加することが報告され、郷土文化の紹介に誇りを持つメンバーは、晴れの舞台へ士気を高めた。

磁針
0

   この夏、ねぶたと竿燈(かんとう)見物の東北ツアーに参加した。  梅雨が明けて旧盆前の8月初旬、東北各地は祭りでにぎわう。中でも、青森ねぶた、秋田竿燈、仙台七夕、山形花笠が、東北4大祭りといわれる。今回は、夫のどうしても見たかった青森