Browsing: 主人公

磁針
0

 新しい年が始まった。今年は丑年。「牛」は「牛飲馬食」や随分前にはやった(?)国会の「牛歩戦術」など、あまりうれしくないたとえの主人公となっている。しかし「牛の歩みも千里」というようにゆっくりでも進めば千里に届くと、もともとの牛歩の意味からすれば我慢強いことの例えとしても使われる。

磁針
0

 今年の8月は駆け足でやって来た。1週間が1日に、1日が1時間に感じる、と言っては大げさか。卒業式も入学式も置き去りにされた春が、今となっては遠い昔のことのよう。毎年、お盆が近づくと、原爆投下、終戦記念の文字が新聞紙面を飾る。それは永遠に消えない傷跡であり、平和な未来を作る礎となる。

磁針
0

 昔話とかメルヘンとかの本を読みなおしていて、昔話はいい! と思った。  グリム童話はグリム兄弟の創作だということは知られているが、彼らは確かに語り手から直に採話はしていない。1812年の「子どもと家庭のメルヒェン集」初版本は初めての聞き書き集だった。この後、改訂版を出すたびに表現が改められて、聴くメルヘンから次第に読むメルヘンに移っていく。

磁針
0

 40年前に読んだミステリアスな3章構成の寓話、リチャード・バックの「かもめのジョナサン」(「Jonathan Livingston Seagull」)の完成版が10月に出る。  英語版に先駆けて、作家の五木寛之さんが「創訳」(創作翻訳)した日本語版が発売されたとい