Browsing: 仏教会

磁針
0

 「明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく」  はや1月も終わるが、これからも何度も交わすだろうあいさつだ。  日系人会、教会・仏教会、県人会などの諸団体が週末ごとに新年会を催すと、シアトルでは最後の新年会が3月初めとなることさえある。最初は驚いたが、今では長く続く新年交歓は楽しみでさえある。

磁針
0

 70年代のはじめの頃、食料品の買い物にスーパーマーケットに行くと、ハンドルなしの茶色の大きな紙袋に食料品を入れてくれた。  そんな紙袋に肉やミルク、野菜をはみ出すほど入れて、4〜5袋買っても25ドルくらいでレジを通ることができた時代である。

磁針
0

 当地LAでは、3月までは新年会の時期で、週末はあちこちで「おめでとうございます」の言葉が交わされる。新年会に参加すると、同席になった人と知り合いになったり、知り合いの関係者と分かって、世間は狭いですね、になることもあって面白い。

磁針
0

 2月に入って、既に2つの葬儀に参列した。それも土曜日に1つ、日曜日に1つと続くと、灰色の雪催(もよい)の空と相まって、少し疲れた気分になる。  G氏の葬儀には150人を優に超える参列者が、地元はもちろん遠くハワイやカリフォルニアから集まり

磁針
0

   シカゴの夏祭り「銀座ホリデー」の中日のフィナーレはジャズにアレンジされたヨーコ・ノゲさんの炭坑節が会場に流れると最高潮。  会場の後部から5〜6人の若い女性が揃いのゆかたで踊りながら現れ、観客を引き入れながら通路を練ってゆく。踊りの列はだんだん長くなり、