Browsing: 在ロサンゼルス日本国総領事館

コミュニティー
0

 南加日本民謡協会は3月27日、モンテベロ市のクワイエットキャノンで総会と新春親睦会を開催した。同協会に加盟する7団体のメンバーのほか日系コミュニティーの代表者らおよそ100人が出席するなか、ラーセン美奈子会長(竹嶺会所属)の続投と新役員が承認された。

コミュニティー
0

 趣味の会「大正クラブ」は2月21日、モンテベロのクワイエットキャノンで新役員就任式と新年親睦会を開催した。日系諸団体の代表者や同会のメンバーなどおよそ80人が集まる中、今年会長に選ばれた杉山敏子氏の就任を祝福するとともに、同会の益々の発展を願った。

コミュニティー
0

 南加福岡県人会は1月31日、ホリデーイン・トーレンスで新年親睦会を開催した。今年は近年では最高となる100人以上の会員が集まる中、新年を祝福するとともに、今後の益々の会の発展を願った。

 ニュース
0

Click here to view English coverage 「敬老を守る会」は28日(水)午前10時半、在ロサンゼルス日本国総領事館の堀之内秀久総領事と総領事館で面会した。敬老売却問題について説明し、売却延期と公聴会の開催を依頼する書状を州司法長官宛に送ることを総領事に依頼した。日本政府から派遣されている総領事が敬老売却問題についてコミュニティー側の話を公式に聞くのは今回が初めてとなる。【中西奈緒(写真も)、モニエ中地美亜】

特集記事
0

 今年1月に日本がハーグ条約に加盟し、4月1日に発効されたことを受け、外務省のアドバイザーを務めた国際家族法弁護士の大谷美紀子氏を招いた「ハーグ条約説明会」が11日、小東京で催された。会場には、ハーグ条約を正しく理解しようと、専門家やコミュニティーメンバーら約50人が集まった。

特集記事
0

 それぞれの趣味を謳歌し会員間で親睦を深めながら、奉仕でも日系社会に貢献する「大正クラブ」は2月16日、モンテベロのクワイエット・キャノンで、今年度役員就任式と新年親睦会を開催した。就任2年目となる福岡健二会長以下、全役員が留任し、参加者約85人がフラダンスのショーや、社交ダンス、カラオケなどに興じて交流を深めた。

特集記事
0

   東日本大震災のこの1年間の復興支援に対し感謝の気持ちを表すとともに、震災から立ち直る日本の元気な姿を見せるイベント「Japan. Endless Discovery.」が10日、ロサンゼルスのショッピングモール、グローブで開かれた。地元の団体が日本のさまざまな伝統文化を披露し、日系企業は世界に誇る最新の環境技術など活動を紹介。米国で知名度のあるロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが、あいさつし「支援が必要」と訴えた。イベントは、主催した在ロサンゼルス日本国総領事館と、JBA( 南カリフォルニア日系企業協会)の共催。

特集記事
0

 東日本大震災の米国からの支援に対し、日本の伝統音楽で感謝の意を表すコンサート「ありがとう・フロム・ジャパン」が2日夜、ロサンゼルス・ダウンタウンのミュージックセンターで開かれた。感謝の気持ちを神楽と太鼓、唄などで表現し、災害救助を遂行した軍と復興支援を継続する民間の「トモダチ」との絆を強めた。