Browsing: 在ロサンゼルス日本総領事館

コミュニティー
0

 日本政府が行う北米地域との青少年交流事業「KAKEHASHI Project- The Bridge for Tomorrow」に沖縄から参加した県立向陽高と県立八重山高の生徒計46人がこのほど、ロサンゼルスとシアトルに合わせて10日間滞在し、ホームステイしたり地元の学校を訪れるなど貴重な経験を積んだ。7月には南カリフォルニアから約50人の高校生が沖縄を訪れており、両国親善の「懸け橋」となる若者による日米交流は深まるばかりだ。

コミュニティー
0

 米国書道研究会(生田博子会長)は16日、小東京のダブルツリー・ヒルトンホテルで第31回産経国際書展と誠心社展への入選入賞贈賞式と謝恩会を開催した。産経国際書会の役員昇格者委嘱状の伝達も行われ、日本文化のひとつである書道の発展に今後も努めていくことを誓い合った。

コミュニティー
0

 今秋、創立50周年記念を祝った南加県人会協議会(当銘貞夫会長)は、日本文化継承者を育成する奨学資金集めを目的とした「親睦演芸会」を19日、小東京のアラタニ劇場で開催した。各県人会を代表する芸達者のメンバーたちが、日舞や民謡、歌謡、コーラス、ダンスなど、生まれ故郷の伝統芸能を披露し、約500人の参加者から大きな拍手を浴びた。文化継承者への奨学金授与式を開き、若い受賞者4人は、さらなる精進を誓った。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、堀之内秀久総領事の着任レセプションを9月24日、ハンコックパークの総領事公邸で開き、地元政財界や日系主要団体の代表ら招待客約430人に、和牛やすし、天ぷらなど日本食や日本酒を振る舞ってもてなした。総領事は席上、日本政府の対外政策や文化・情報を世界に発信する「ジャパンハウス」を来年、当地に開設することを発表した。

特集記事
0

 日本政府から昨年秋に叙勲を受けた在ロサンゼルス日本総領事館管区居住の2人の多大な功績をたたえる「叙勲祝賀昼餐会」が8日、モンテベロのクワイエット・キャノンで開かれた。日系社会から参加者約200人が受章者の長年にわたる勲功を称賛し、栄誉ある受章を盛大に祝った。祝賀会は毎年、南加日系商工会議所ファンデーションが主催している。

特集記事
0

 元南加日系商工会議所会頭の半田俊夫さんが、在ロサンゼルス日本総領事館から総領事表彰を受け5月22日、総領事公邸で執り行われた表彰式に臨んだ。新美潤総領事が、日系コミュニティーの活性化と日本文化の普及に長年取り組んできた業績をたたえると、半田さんは褒賞を励みに米国と日系社会により一層尽くすことを誓った。

特集記事
0

 さまざまなソーシャルサービスを提供するオレンジ郡日系協会(OCJAA)は日系社会の多方面から参加者約160人を集め2日、アナハイムのダブルツリー・ヒルトンホテルで2014年度役員就任式と功労者表彰式を開催した。2年目の藤田喜美子会長以下、役員が就任し、2個人と1団体を地域表彰した。

特集記事
0

 福祉や教育、日本文化などさまざまなサービスを提供し、日系高齢者の健康的な生活を支える西南シニア・シチズンズ・センターは、今年度役員就任式と新年祝賀会を2月15日、同センターで催した。8年目となる柴邦雄会長以下、役員10人全員が留任し、参加者約150人がラッフル抽選会やカラオケなどのエンターテインメントを堪能して親睦を深めた。

特集記事
0

 小東京に拠点を置く高齢者福祉の奉仕を目的とする非営利団体、日系パイオニアセンターの2014年度の新年親睦会が15日、日米文化会館で開催された。新会長には、南加日系商工会議所会頭など諸団体で要職を歴任し、日系社会に熟知した半田俊夫さんが就任し、同センターの発展に尽力することを誓った。

特集記事
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、元県人会協議会会長のタック西さんに対する総領事表彰を7日、ハンコックパークの総領事公邸で行った。西さんは、民謡や詩吟など日本文化の浸透に貢献したり、エンターテインメントの司会で各種イベントを盛り上げるとともに、要職を歴任する各団体で精力的に奉仕活動に従事するなど、日系社会の発展に貢献した功績が認められた。

特集記事
0

 「芸術的な霜降り和牛」と称されるブランドの「いわて牛」をはじめとする、被災地岩手の名産物を売り込もうと、達増拓也知事を団長とする訪米団13人が、業者を対象にしたプロモーションイベントを3日、ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンホテルで開いた。レストランの経営者や支配人、シェフ、流通業者などの参加者約170人に、地酒やコメ、味噌、お茶などを振る舞って手応えを掴み、さらなる販路拡大に意欲を示した。