Browsing: 大正クラブ

コミュニティー
0

 大正クラブの50周年を記念した祝賀昼餐会がモンテベロのクワイエット・キャノンで2月18日に催された。大正生まれの15人により、趣味の会として結成されてから半世紀。たくさんの部活動や「健康フェア」を通じて日系社会へ貢献してきた大正クラブは、50年の節目をもって会を終了することを発表した。同クラブとつながりのあった顔ぶれが一堂に会し、昔を懐かしむとともに、またの再会を誓い合った。

コミュニティー
0

 趣味の会「大正クラブ」は2月21日、モンテベロのクワイエットキャノンで新役員就任式と新年親睦会を開催した。日系諸団体の代表者や同会のメンバーなどおよそ80人が集まる中、今年会長に選ばれた杉山敏子氏の就任を祝福するとともに、同会の益々の発展を願った。

コミュニティー
0

 ガーデナにある「デービッド・新城ダンスクラブ」が今年、創立30周年を迎えた。ボールルームダンスブームが来ては去りを繰り返す中、長年にわたり多くの日系人に愛され続けてきた同クラブ。今月で67歳を迎え、なおも現役ダンサーの新城さんに30年間を振り返ってもらった。 【取材・写真=中村良子】

コミュニティー
0

 趣味の会「大正クラブ」(福岡健二会長、会員250人)は22日、2015年度役員就任式および新年親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。会場では、同会に貢献した人に送られる特別協力者表彰および100歳のお祝いなどが行われるとともに、数々のエンターテインメントを通じ、会員同士の親睦を深めた。

特集記事
0

 元南加日系商工会議所会頭の半田俊夫さんが、在ロサンゼルス日本総領事館から総領事表彰を受け5月22日、総領事公邸で執り行われた表彰式に臨んだ。新美潤総領事が、日系コミュニティーの活性化と日本文化の普及に長年取り組んできた業績をたたえると、半田さんは褒賞を励みに米国と日系社会により一層尽くすことを誓った。

特集記事
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、元県人会協議会会長のタック西さんに対する総領事表彰を7日、ハンコックパークの総領事公邸で行った。西さんは、民謡や詩吟など日本文化の浸透に貢献したり、エンターテインメントの司会で各種イベントを盛り上げるとともに、要職を歴任する各団体で精力的に奉仕活動に従事するなど、日系社会の発展に貢献した功績が認められた。

特集記事
0

 趣味の会「大正クラブ」(福岡健二会長)は3日、恒例の「健康フェア」(鈴木博久、府川ビル共同実行委員長)を小東京の教会で催した。今年は、ロサンゼルス郡からフルー予防注射が支給されないというトラブルに見舞われたが、その他の検査や各種サービスに計231人が来場した。健康フェアは今年で34回目。

特集記事
0

 大正クラブ(福岡健二会長)は13日、ベネフィット・ダンスを西本願寺ホールで催した。会場には同クラブのダンス部(府川ビル部長)メンバーをはじめ、ロサンゼルス周辺で社交ダンスを楽しむ約260人が集まり、華やかにステップを踏んだ。

特集記事
0

     趣味の会「大正クラブ」は17日、モンテベロのクワイエットキャノンで新役員就任式と新年親睦会を開催した。3年間会長を務めた鈴木博久氏から新会長に就任した福岡健二氏が紹介されると、会場に集まった会員らおよそ100人は鈴木氏のこれまでの尽力をたたえるとともに、新会長の就任を祝福した。

特集記事
0

 趣味の会「大正クラブ」(鈴木博久会長)は4日、今年で33回目となる恒例の「健康フェア」を小東京の教会で催した。日中80度を超える季節外れの猛暑に見舞われたこの日、計275人が来場し、フルー予防注射をはじめ血液検査や各種サービスを受けた。

特集記事
0

 日系最大規模の趣味の会「大正クラブ」は19日、2012年度役員就任式および新年親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催し、昨年12月の役員総会で鈴木博久会長の留任が承認され、この日新年会に集まった約130人に発表された。