Browsing: 奨学金制度

コミュニティー
0

 南加福岡県人会(宗伸之会長)は19日、同婦人会、福岡青壮年会と3団体合同でブエナパーク市のジョージ・ベリスパークで夏恒例のピクニックを開催した。会員家族およそ200人が集まる中、奨学金授与式をはじめ運動会、カラオケ、ラッフル抽選会などが行われ、会員各自持参したごちそうに舌鼓を打ちながら交流を深めた。

特集記事
0

      南加地区の夏の恒例行事、ピクニックが各地で行われている。4日、ブエナパークのジョージベリス公園では静岡県人会(ポール・柴会長)と和歌山県人会(有地敏弘会長)がそれぞれにピクニックを開催した。会員家族が揃う中、美味しい食事やゲームなどの余興を楽しみながら親睦を深めた。【吉田純子、写真も】

特集記事
0

 みなさんはご存知だろうか。トレーダージョーズやVon’sなどで目にする蘭の花が、奈良県出身の日本人によって作られていたということを。北加サリナス在住のアンディー松井さん(76)は全米20%、加州50%のシェアを誇る世界ナンバー1の蘭生産者だ。4人いる子どもたち全員をハーバード大学に入学させたが、築き上げた1憶ドルにも及ぶ莫大な資産は子どもたちには一切相続させず、経済的な理由で大学進学が困難な地域の子どもたちに寄付。ひとり当たり4万ドルの奨学金を支給し、これまでに98人、およそ400万ドルの学資援助を行ってきた。「子どもたちの未来に大輪の花を」。サリナスの「花咲か爺さん」を紹介する。