Browsing: 小学校

磁針
0

   小学校レベルの教育しか持たない両親の下にメキシコで生まれ、幼少期にアメリカに移民してきた少年は、10代のころからアルバイトをして家族を支えた。父はスプリング製造工場で働き、母は凍るような寒さの中、食肉加工会社で梱包作業をしていた。

磁針
0

   美しい夕陽が自慢の土地は、少なくない。中でも、赤い大きな夕陽が海に沈むさまは特別華やかだ。台湾を旅した時は、淡水の夕陽の美しさを土地の人が自慢していた。フランスへと誘う海外旅行カタログは、夕陽のモンサンミシェルの魅力を語っている。

磁針
0

   イエール大学卒業生は、毎年5月の第2土曜を奉仕の日と決め、世界中で一斉に奉仕活動に参加する。LA各地でもホームレスの人々への食事のサーブ、公園の清掃、食料品の仕分けなどの地域活動に参加した。私の出身校もその主旨に賛同して昨年からジョイントしている。

磁針
0

 小学校の頃、「修身斉家治国平天下」という言葉を習った。どういういきさつだったか覚えてないが、なぜか記憶に残っている。  儒教の教典の一つ、『大学』のなかの言葉だが、「天下を平定するには、自分の国を治め、そのためには自分の家庭を斉(ととの)え、そのためには自分の身を修めよ」が大意だが、「自分の身を修めれば、家庭は斉い、

磁針
0

 地震にも/負けない/強い心をもって/亡くなった方々のぶんも/毎日を/大切に/生きていこう/傷ついた「ふるさと」を/もとの姿にもどそう/支えあう心と/明日への/希望を胸に/響きわたれ/ぼくたちの歌/生まれ変わる/「ふるさと」のまちに/届けたい/わたしたちの歌/しあわせ/運べるように